MAJOR 2nd最新135話ネタバレ・感想!大尾中の道塁の実力とは?!

MAJOR2 ネタバレ 最新 135
Pocket

本記事は、週刊少年サンデー掲載漫画『MAJOR 2nd』最新135話ネタバレ・感想をご紹介していきます。

前回134話では、大吾たちが見事決勝進出を果たしましたね。

仁科の変化球は、決勝までに完成するのでしょうか。

そして、135話では、ノーマークだった大尾中から目が離せません。

いったいどんなチームなのでしょう。

それでは早速、週刊少年サンデー掲載漫画『MAJOR 2nd』最新135話ネタバレ・感想をお届けしていきますので、最後までしっかりとご覧下さい。

関連記事:major2nd最新刊13巻無料を電子書籍アプリで読むならこちら


スポンサーリンク



漫画『MAJOR 2nd』前回のあらすじのおさらい

関鳥が野球を始めた理由は、『なんとなく』です。

友達に誘われたから、半分ダイエットのつもりでチームに加わりました。

残念ながらダイエットのほうは、まっっっったく成果が出ていないようです。

が、関鳥さん、それでも続けていてくれてありがとう。

あなたの満塁ホームランのおかげで、風林学園に5-1で勝てました。

大喜びする大吾たち。

しかし、野球に興味のない山口先生だけは複雑な顔をしています。

「すごいじゃない」

口ではそう言っていますが、顔には『また勝ち上ってしまった。私の貴重な休日が削られていく』、と書いてあります。

大吾は山口先生の気持ちを察して、「帰らないでくださいね」とクギを刺します。

バレバレですね。

大吾たちは、通路で優勝候補である英邦の選手たちとすれ違いました。

英邦の監督は、「風林中のみなさんか!」とぱっと顔を明るくします。

「ナイスゲームだった。決勝進出おめでとう。うちはこれから試合なんだ。もし勝ったら、決勝でいい試合をしましょう!」

大吾たちはこのエールに、嬉しさ半分、戸惑い半分でした。

「強豪の監督だから、もっと怖い人かと思った」

「甘い! ああいう人が、練習では豹変するんだ」

そう言いながら、英邦と大尾の試合を見るため、席に着きます。

ただし、大吾と仁科だけは球場に入りませんでした。

すでに偵察を終えている英邦の試合を見るより、仁科と英邦打線を抑えるための対策を練ったほうがいいと考えたのです。

仁科のストレートは素晴らしい。

しかし、英邦に勝つには、どうしてもこのストレートを生かす変化球が必要でした。

見せ球でもいいから、試合が始まるまでに何か一つ、変化球を見つけたい。

なにかないか、と試行錯誤を繰り返す二人。

一方、球場で試合を観戦していたメンバーは、ざわついていました。

なんだか、試合が変なのです。

このままでは、予想外に英邦が負けて、ノーマークである大尾中が勝ってしまいそうな気がします。

睦子は慌てて、スコアラーである大吾を呼びに行きました。

いったい大尾中とは、どんなチームなのでしょう。


スポンサーリンク



漫画『MAJOR 2nd』最新135話 ネタバレ・考察

球場にかけつけた大吾は目を疑いました。

2-0で英邦が負けています。

大尾中といえば、ずっと1、2回戦敗退レベルの公立チームです。

そんな弱小チームに、あの英邦が苦戦するはずがありません。

よほど凄腕のピッチャーが入ったのでしょうか。

大吾はマウンドに立つ、出光というピッチャーをじっと観察します。

左投げでした。

小柄な体格から放たれる球は パァンッと豪快な音を立てて、キャッチャーのグローブに吸い込まれていきます。

「この先発、ちっこいくせに速い!」

大吾たちは驚きます。

しかし、彼は先発ですらありませんでした。

先発を務めたのは、今、ショートにいる世古という選手のようです。

かなり速い球を投げる、本格派の右投げで、英邦相手に3回まで0点に抑えてみせました。

それから、キャッチャーをしている魚住も侮れません。

4番バッターでもあり、すでに2打点加えています。

ピッチャーの『世古』と『出光』。

それから、キャッチャーで4番バッターの『魚住』。

この3人は、かつて横浜リトルでプレーしていた、凄腕3人衆のようです。

「横浜リトルの凄腕なら、普通今はシニアでやってんじゃないのか!?」

「なんで、中学軟式に出てんだ!?」

大吾たちは戸惑います。

しかし、怖いのはこの3人だけではありませんでした。

中継ぎの出光選手が交代し、代わりに出てきたのは眉村道塁(みちる)。

かつて大吾が戦った、東斗ボーイズの元エースピッチャーです。

「み、道塁ちゃん!?」

どうしてここにいるのでしょう。

噂では、横浜シニアに入ったはずです。

大吾は容赦なく打者を打ち取っていく道塁の姿に、目を奪われます。

「なんや、このチーム。4人で英邦倒しよった」

「出光、世古、魚住、道塁か…」

「番狂わせっていうより、マークしてなかっただけだね」

「やつらなら、英邦を破っても驚きじゃないよ。うちの勝ち目はゼロっす」

強豪英邦が大敗するのを目の当たりにした大吾のチームメイトたちは、完全に諦めモードです。

大吾はどうやって、この状態のチームを引っ張っていくつもりなのでしょう。

関連記事:MAJOR 2nd最新136話ネタバレ・感想!風林中VS大尾中の決勝戦開始?!

漫画『MAJOR 2nd』ネタバレ・感想一覧はこちら

 

135話の感想

どうやら英邦より恐ろしい、凄腕4人衆と戦うことになったようです。

まだ仁科の変化球も完成していないのに、どうやって戦う気なのでしょう。

『MAJOR』なら健闘するも、負けてしまうというパターンもありそうですが、できれば勝ってほしいです。

それにしても、道塁はどうして中学軟式をやっているのでしょう。

双子の弟である、歩とバッテリーを組んでいたはずですが…。

シニアでなにかあったのでしょうか。

そのあたりは試合中に明らかになりそうですね。

楽しみです。


スポンサーリンク



漫画『MAJOR 2nd』最新135話は面白い? 読者の感想・評判は?

 

漫画『MAJOR 2nd』最新刊を今すぐ無料で読むには?

MAJOR2 ネタバレ 最新 135

皆さん、漫画好きに欠かせないと言われている電子書籍サービス『U-NEXT』はご存知ですか???

漫画・書籍に収まらず、映画・ドラマでも話題の公式サイトになります。

なんで今回このU-NEXTをオススメするかというと、、、現在、31日間無料キャンペーンというとてもお得なキャンペーンを実施しているという訳です!!!

私も実際に、無料トライアル期間という事で登録してみました!

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

また、読める漫画の種類も不自由はしないと思いますよ!

何よりこの31日間無料キャンペーンを絶対逃さない方が良いですよ。

また、本ページの情報はH30年3月時点のものなので、最新の配信状況はU-NEXTサイトにて確認してみて下さいね。

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会に是非是非利用してみて下さいね。

>>U-NEXTのお申し込みはこちら<<

 

まとめ

MAJOR2 ネタバレ 最新 135

出典:http://quatr0035.com/wp-content/uploads/2017/12/major2-top.jpg

週刊少年サンデー掲載漫画『MAJOR 2nd』最新135話ネタバレ・感想をご紹介してきましたが、いかがでした?

今回は地区無敗の英邦が、敗退してしまいましたね。

大吾たちの決勝の相手は、シニアでも活躍できる凄腕選手を4人も抱えている大尾中に決定しました。

チームメイトたちは、戦う前から負けムードです。

次回、大吾がどうやってチームのやる気を取り戻すのか、楽しみですね。

それでは最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

良かったら、いいねボタンを押して頂けると幸いです!

※FODのYahoo! JAPAN IDを利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。
スポンサーリンク