漫画村閉鎖?読めない場合の読みたい漫画を読む方法は他にある?

漫画村閉鎖 読めない
Pocket

今回は、漫画村閉鎖し、本当に読めないのか?についてと、漫画が読めない・見れないとお困りの方のために読みたい漫画を今すぐ一気に読める方法をご紹介していきます。

昨今は電子書籍も普及してきて、インターネット上で漫画を読む機会もかなり増えてきましたよね。

そんな中でインターネット上で無料で漫画が読める、漫画村閉鎖されて漫画が読めないという事態になっているのをご存知ですか?

このサイトでは漫画の最新刊まで読むことができて、かなり話題になっていましたよね!

それでは早速、漫画村閉鎖された事によって本当に読めないのか?についてと最後に、読みたい漫画を今すぐ一気に読める方法を見ていきたいと思います。

漫画村・漫画タウンはどんなサイトなの?

数多の漫画が無料でいくらでも読めるというような読者には夢のような、漫画家には地獄のようなサイトです。

漫画村に掲載されている漫画の量が尋常じゃなく有名作品、話題作品なら大抵のものは掲載されています。

こういうサイトによくある広告の量も少なく最近急速に話題になっているサイトです。

なんとこのサイト、単行本だけでなく最新のジャンプやマガジンなども掲載しています。

さらに漫画村なのに漫画だけにとどまらず小説や実用書、ビジネス書、写真集などまでのっています。

 

かなり問題視されていたって本当?

同サイトは単行本や漫画雑誌、写真集などが不正にアップロードされ、ユーザーは無料で閲覧が可能。

違法アップロードによってアクセスを獲得し、広告収入を得ることで利益を上げていたものと思われます。

アップロードについては作者の許諾を得ていないため、著作権侵害の可能性が極めて高いです。

また、昨今は『アクセスすると仮想通貨の強制マイニングをさせられる』という噂も浮上していました。

『極めて悪質なサイト』との批判が各方面から上がっていたが、運営者は独自の主張で正当化していました。

さらに、違法とわかっていながらアップロードされた漫画を読む人が多く、社会問題化となっています。

 

漫画協会が発表した声明はどんな内容?

このような状況に日本漫画家協会は、

『全く創作の努力に加わっていない海賊版サイトなどが、利益をむさぼっている現実がある』

『このままの状態が続けば、日本のいろいろな文化が体力を削られてしまい、ついには滅びてしまう』

などと声明で糾弾する。

販売物を無料でアップロードされてしまっては、作者や販売会社が正当な報酬を得ることができず、困ってしまうだけに、妥当な主張といえる。

このような声に対し漫画村運営者は、

『画像を引用してきただけでアップロードはしていない。よって違法ではない』

という趣旨の主張を行い、その是非が議論になっていました。

 

運営者はどんな人?

先にも述べた通りこの管理人は相当頭のいい人間だと思っています。

善人かどうかは置いておいて、、、ちなみに漫画村のサイトには、という文章があり『我々に違法性はない』という姿勢でいる様です。

しかし結構無理やりな言い分な気も。。

lichiro ebisuとは何者なのでしょうか。。?

小難しい話をしますが漫画村のサイトは、DDoSからサイトを保護するサービスのCloudflareが提供するリバースプロキシによって物理的なサーバーの位置を隠していますが、調べたところ現在はWebCare360という海外企業が提供する防弾ホスティングサービスを利用し、ウクライナにサーバーを設置していることがわかりました。

 

防弾ホスティングサービスとは??

インターネットサービスプロバイダなどが、お客様のメールサービスやウェブサービスをお預かりし、運用するサービスです。

かんたんに言うと、時間貸しのレンタルサーバーです。

興味深いことに、あの『フリーブックス』も同じ企業のホスティング業者のサーバーを閉鎖するまで利用していました。

フリーブックスは漫画村の前に人気を得ていた漫画が無料で読める違法サイトです。


スポンサーリンク



漫画村・漫画タウンは違法であり、危険でもあった?

その理由は漫画村の仕組みにあります。

※確定ではありませんが漫画村はウィルスがある疑いが強い危険なサイトです。

NHKの報道によると閲覧自体は罪には問われないと報道されていますが、、、

普通に考えて『ド☆違法』らしいです。

集英社など色々なコミック誌では最近このように風刺するような漫画が掲載されていますね。

まあ、『No more 映画ドロボウ』のcmで言われているように違法にアップロードされた作品を見るのは違法ですので、、、

※ちなみにフジテレビのワイドナショーでも『漫画村』について言及し漫画界の現状を問題視ていました。

 

漫画村を利用するのは危険なの?

現在音楽や映像など、違法だと知っているのにダウンロードすると刑法に問われます。

いずれ著作物にも適用されるだろうと言われています。

出版社はすでに動いています。

漫画村に対しても摘発する準備は進めています。

違法サイトなので高いリスクは伴うでしょう。

 

漫画村ってどれくらい人気サイトだったの?

Webサイト分析ツール『SimilarWeb』で見てみると、『漫画村』のサイトランキングはなんと日本で32位。

月間利用者数(UU)は約9892万人という数字です。(2018年1月19日時点)

数字だけではピンと来ない人でも、国内ランキング一覧をみると、その前後には『価格.com』や『livedoor』といった有名な大手サイトが並んでいることから、『漫画村』の規模の大きさを想像できるのではないでしょうか。

『SimilarWeb』は独自のクローラーで取得したデータなどに基づいた分析をしているため正確な数字ではありませんが、ユーザー数も右肩上がりであることがわかります。

 

漫画村が今まで閉鎖されなかった理由は?

どういうこと?と思うかもしれませんがこれが閉鎖されない理由なのです。

漫画村は管理人が漫画をアップしているわけではなく、ネット上に上がっている漫画の画像を引っ張ってきてあげているのです。

つまりこのサイトはなんらかのプログラムにより漫画の画像を自動で探し見つけて引用しているに過ぎないということです。

平たく言えばこの画像は、『漫画の内容が写っている画像』としてではなく『ただの引用された画像』としか認識されないのです。

このサイトを作った管理人は相当頭がいいと思います。

やっちゃいけないことだと思いますけど笑。。。


スポンサーリンク



 漫画村・漫画タウンにはPCウイルスが蔓延してたって本当!?

漫画村を利用するとウイルスにかかるのか??

漫画村のような違法サイトを仮に使用した場合、一番気になるのウイルスに感染するのではないかということ。

まず漫画村を使用しても、ウイルス感染することはないです。

なぜならダウンロードするタイプではないからです。

圧縮ファイルをダウンロードするようであれば、そのダウンロードされたファイルの中にウイルスが存在している可能性はあります。

しかし漫画村はダウンロードするような仕組みにはなっていません。

ネットブラウザ上で漫画を読む形式となっています。

 

広告をクリックするとウイルス感染のリスクも

ブラウザ上で読む限りはウイルスには感染しません。

ブラウザ上で読む限りは、ウイルスファイルが端末上に侵入することができないからです。

しかし、漫画村には広告がバンバン表示されていますよね。

その広告経由からアプリなどをダウンロードするとアプリと一緒にウイルスが入ってきてしまう可能性はあります。

結論から言うと漫画村自体にウイルスはないだろうが広告をクリックするとウイルスに感染する危険性がある。

と言うことです。

あくまで”だろう”なので漫画村にもウィルスがないとは限らないです。


スポンサーリンク



2018年4月11日より漫画村へのアクセスは不能

国内の漫画や雑誌が多数アップロードされ、無料で読むことができる海賊版サイト『漫画村』がアクセス不能状態になっていることが判明しました。

夕方になりトップページが復活するなどしたものの、書籍を閲覧することはできておらず、サイトの動向が注目されています。

 

トップページは復活も…

漫画村にアクセスすると、以下のような状態になります。

しかし、時間をおいてアクセスしてみると、トップページは復活している様子ですね。

ただし、漫画を読もうとすると、上記の文言が表示される状態になります。

今後復活する可能性も、ゼロではないようです。

 

google検索から除外確定

僅かながら復活の可能性が残されている漫画村だが、googleで『漫画村』と検索すると、結果から除外されています。

このことから、サイトに対し、なんらかのペナルティが課せられた可能性が高いです。

なお、日本漫画家協会は、日本国内のプロバイダに『サイトブロッキング』できないか、働きかけていたという。

今回のアクセス不能状態や検索結果からの除外は、その影響を受けているのではという見方もあるようです。

 

正当な対価の支払いを

アクセス不能状態になったものの、復活の可能性も僅かながらありそうな『漫画村』。

仮に復活したとしても、その運営形態は違法である可能性が高く、作者や出版社を苦しめるものです。

やはり、正当な対価を支払って読むべきでしょう。

ちなみに全国20代〜60代の男女1,342名を対象に『漫画にお金を払うこと』について調査したところ、全体の41.4%の人は「払いたくない」と回答しています。

お金を払いたくない気持ちは理解できないものではないが、『違法サイトで見る』行為は、作品を作る人間に対して失礼であり、生活を脅かすことに繋がるうえ、より良い作品を作る意欲を削ぐことになります。

漫画家や出版社を守る意味でも、漫画村のような『違法アップロードサイト』については、『見ない』ことを徹底してもらいたいですね。

 

漫画村の閉鎖に対するTwitterの反応を紹介!

 

漫画村・漫画タウン利用者には電子書籍アプリサービスがオススメ!

漫画を無料で読めるサイト

「電子書籍」とは、専用の電子機器(電子書籍リーダー)やパソコン、タブレット端末、スマートフォンなどの画面上で読むことができる、本の内容をデジタルデータ化したものというものになります。

本来、書籍や本とは、文章を印刷した紙を製本して束にしたものを指しますが、電子書籍の場合は文章がデータ化されています。

その為、電子書籍の場合は、製本されたものではなく、パソコンやタブレット端末、専用の機器などにデータ可された文章をダウンロードする形態となってます。

電子書籍は、登場した当初はなかなか世間に受け入れられませんでしたが、アップルやAmazonといった大手企業が取り扱うようになったことで、知名度が上がり、ユーザー数も増えたと考えられています。

日本の場合は、スマートフォンで漫画を読むユーザーが多く、そのようなユーザー層を中心に、利用者が増えてきていると見られています。

今回は、その中でも読みたい漫画を一気に読めるお勧めの電子書籍アプリサービスのご紹介をしていきます。

 

読みたい漫画を安全に一気に読める方法をご紹介!

皆さん、漫画好きに欠かせないと言われている電子書籍サービス『U-NEXT』はご存知ですか???

漫画・書籍に収まらず、映画・ドラマでも話題の公式サイトになります。

なんで今回このU-NEXTをオススメするかというと、、、現在、31日間無料キャンペーンというとてもお得なキャンペーンを実施しているという訳です!!!

私も実際に、無料トライアル期間という事で登録してみました!

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

また、読める漫画の種類も不自由はしないと思いますよ!

広瀬すずさん主演映画でお馴染みの漫画『ちはやふる』が読めたり、

大人気漫画『キングダム』も読めますよ!

何よりこの31日間無料キャンペーンを絶対逃さない方が良いですよ。

また、本ページの情報はH30年3月時点のものなので、最新の配信状況はU-NEXTサイトにて確認してみて下さいね。

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会に是非是非利用してみて下さいね。

>>U-NEXTのお申し込みはこちら<<

 

まとめ

漫画村閉鎖し、本当に読めないのか?についてと、漫画が読めない・見れないとお困りの方のために読みたい漫画を今すぐ一気に読める方法をご紹介してきました。

漫画村が閉鎖し、漫画タウンが開設など、話題となっていますが、何かとページが重いみたいで、あまりユーザビティも良くないみたいですね。

また、グーグルからははじかれていますので、またなくなるのも時間の問題となっていますね。

そんな今回、U-NEXTでは気になる漫画を今すぐ安全に読む事ができますので、是非ともお早めに利用してみて下さいね!

※FODのYahoo! JAPAN IDを利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。
スポンサーリンク