【はじめ一歩】最新1220話のネタバレ・感想!まさかの速水龍一が大ピンチ?!

はじめの一歩 ネタバレ 最新 1220
Pocket

本記事は、2018年4月25日発売の週刊少年マガジン掲載漫画『はじめ一歩』最新1220話のネタバレ・感想をご紹介していきます。

前回1219話では、相手選手を圧倒する速水の勇姿を観ることができましたね。

これだけ強いのに、速水は日本のランキングには入っていません。

一歩は、泥臭く這い上がってきた速水の背中から目を離すことが出来なくなっていました。

1220話では、速水の試合の行く末と、一歩がそれを見て何を思うかに注目して見ていきたいですね!

それでは早速、2018年4月25日発売の週刊少年マガジン掲載漫画『はじめ一歩』最新1220話のネタバレ・感想をお届けしていきますので、最後までしっかりとご覧下さい。

関連記事:はじめの一歩最新刊120巻無料で電子書籍アプリで読むならココ!


スポンサーリンク



漫画『はじめ一歩』前回の内容をおさらい

速水の凄まじいショット・ガンに、観客からは歓声が沸き上がります。

「調子いいな、速水」

「今日は頼むぞっ!」

相手選手は、速水のスピードに動揺していました。

恐れるな。

手数が多いだけで、威力は大したことがない。

そう気を取り直して、ぎりぎり攻撃があたるところまで距離を取ります。

相打ちで弱らせて、後半に勝負をかけようと考えたのです。

しかし、これは愚策でした。

遠くから手を出そうとすると、スピードで勝る速水の攻撃が先に入ってしまうのです。

後半で勝負、なんて悠長なことを考えていたら、前半のラウンドはすべて取られてしまいます。

相手選手もこれには焦りました。

「とにかく、動きを鈍らせなければ話にならない」

攻撃を受けるのを覚悟で、速水の間合いに飛び込みます。

速水は慌てません。

的確に、ガードの隙間を狙って攻撃を繰り出します。

「ガードの隙間にブッ込んだ!」

「何発入ったんだよ」

会場はどよめきます。

ここで1ラウンドが終了しました。

たった3分間で、相手選手はボロボロです。

一歩は誇らしそうに拳を上げる速水をみながら、眩しいと感じていました。

かつては自分もあの場所にいたのに、今はこうやって遠くから眺めることしかできない。

「羨ましいかしら?」

いつの間にか背後にいたマリが、見透かしたように笑います。

「かつての戦友の活躍を目の当たりにすると、自分もって気になる?」

一歩はどきりとしました。

「いえ、僕はもう…」、と口ごもります。

話しているうちに、2ラウンドが始まりました。

速水のスピードは全く衰えません。

それどころか、手数が増えたようにも見えます。

相手選手は、やけになっていました。

なんでもいいから当たれ、と言わんばかりの雑な大振りを繰り出します。

速水はニヤリと笑いました。

「大歓迎。こういうのを待っていた。利用させてもらうよ」

直後、速水のカウンターがパァンッと豪快な音をたてて顔面に入ります。

――できれば一歩に、格好いいところを見せたい。KOを!

速水はぐっと拳に力を入れます。

「きっと速水さんは、苦しんで苦しんで、ここまで這い上がってきたんだ」

一歩は速水から目が離せません。

ふと、試合前に速水が言った言葉を思い出しました。

――俺が俺に期待してるの

「僕も期待しています!」

勝ってほしい。

一歩は心からそう思いました。


スポンサーリンク



漫画『はじめ一歩』最新1220話 ネタバレ・考察

 

速水の成績

これだけ圧倒的な試合で観客を魅せる速水ですが、彼の戦績は8勝11敗です。

しかも勝利数はほぼキャリア前半に占められています。

Jフェザー級タイトルマッチに敗れてからは1勝10敗。

ひどい戦績です。

輝けるエリートから転落して何年経ったでしょう。

同期が一人二人と去っていく中、速水は引退と再起を繰り返し戦ってきました。

「何のために戦うんだ、速水くん?」

小橋は遠く離れた観客席からそう問いかけます。

速水の手数はどんどん増えていきました。

「ますます冴えてきた」

「いい調子」

会場は大興奮です。

終始速水が一方的に打っているように見えますが、相手選手も諦めてはいません。

とにかく拳を振り回せ。

何か当てろ。

どれか当てろ。

必死の形相で攻撃を繰り出し、かする程度ですが着実に当ててきます。

「速水はふところに踏み込んでいるから、ハイリスクハイリターンってやつだな」

一歩は、速水が相手選手を倒しに行っていると気づき、ごくりと喉を鳴らします。

 

一歩との思い出

――いつからだろう。

速水はふと、一歩との試合を思い出しました。

いつから自分はこんなふうに弱くなってしまったのだろう。

いや、いつだっていい。

最初に戻って一からやり直せばいいだけだ。

速水はそう思い直し、さらに踏み込みます。

そして渾身の一撃を相手選手の顔面に、パァンっと打ち込みました。

あまりに見事なカウンターだったため、会場はしんと静まり返ります。

相手選手の体がガクっと落ちるのを見て、ようやくわっと歓声が上がりました。

一歩も「よしっ」と拳を握ります。

ところが、膝をついたのは相手選手ではなく速水でした。

レフリーのカウントが始まり、速水は慌てて立ち上がり、弁解します。

「ちょっと待った。今の無し。足が滑っただけだって」

しかし、とてもそんなふうには見えませんでした。

「カウンターの時に、相手の拳が顎にかすったからかな?」

「いや、触られた程度だったぞ」

膝をつくほどのことではない、と観客はどよめきます。

「何も問題ないよ」

速水は笑います。

(そう、問題ない。こちとらもう、こういう局面に慣れっコでね)

一歩は何かを察したように、速水を見つめます。

この試合、どうなってしまうのでしょうか。

関連記事:【はじめの一歩】最新1221話のネタバレ・感想!一歩が現役復帰を完全否定?!

漫画『はじめの一歩』ネタバレ・感想一覧はこちら

 

1220話の感想

速水の顎は思ったより脆くなっているんですね。

2話前に、速水が笑って「俺が俺に期待してんの」と言ったときは、素直にカッコイイー!と思いました。

でも今は、その言葉が重くて仕方がありません。

きっと今の一歩みたいに諦めようとした時期が何度もあったんだろうなあ。

どうして、そこまで頑張れるのか、サッパリ分かりません。

なんで辞めないの?という気持ちにすらなります。


スポンサーリンク



漫画『はじめ一歩』最新1220話は面白い?読者の感想・評判は?

 

漫画『はじめの一歩』最新刊を今すぐ無料で読むには?

はじめの一歩 ネタバレ 最新 1220

皆さん、漫画好きに欠かせないと言われている電子書籍サービス『U-NEXT』はご存知ですか???

漫画・書籍に収まらず、映画・ドラマでも話題の公式サイトになります。

なんで今回このU-NEXTをオススメするかというと、、、現在、31日間無料キャンペーンというとてもお得なキャンペーンを実施しているという訳です!!!

私も実際に、無料トライアル期間という事で登録してみました!

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

また、読める漫画の種類も不自由はしないと思いますよ!

何よりこの31日間無料キャンペーンを絶対逃さない方が良いですよ。

また、本ページの情報はH30年3月時点のものなので、最新の配信状況はU-NEXTサイトにて確認してみて下さいね。

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会に是非是非利用してみて下さいね。

>>U-NEXTのお申し込みはこちら<<

 

まとめ

はじめの一歩 ネタバレ 最新 1220

出典:http://www.shonenmagazine.com/content/images/products/next/wm/cover_2018WM_no21_22.jpg

2018年4月25日発売の週刊少年マガジン掲載漫画『はじめ一歩』最新1220話のネタバレ・感想をご紹介してきましたが、いかがでした?

今回は圧倒していたはずの速水が膝をついてしまいましたね。

相手の拳がほんの少し顎をかすっただけなので、本来なら倒れるような攻撃ではありませんが、やはり、一歩や小橋との戦いで、顎がもろくなっているのでしょうか。

次回では、こういう局面に慣れっコになった速水がどんな試合の進め方をするのか楽しみですね。

それでは最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

良かったら、いいねボタンを押して頂けると幸いです!

※FODのYahoo! JAPAN IDを利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。
スポンサーリンク