『あひるの空』最新589話ネタバレ・感想!百春の足の容体とは?

あひるの空 ネタバレ 589
Pocket

本記事は、2018年7月18日発売の週刊少年マガジン掲載漫画『あひるの空』最新589話のネタバレ・感想をご紹介していきます。

前回588話では、男子バスケ部以外の変化が描かれていましたね。

キャプテンの統率力が課題だった女子バスケ部は、少しずつ改善し、戦力も上ってきているようです。

顧問である五月先生もまた、成長すべく新しい部活の設立に燃えているようです。

そして、589話では、妙院戦後に初めて百春が登場し、心境を語ってくれます。楽しみですね。

それでは早速、2018年7月18日発売の週刊少年マガジン掲載漫画『あひるの空』最新589話のネタバレ・感想をお届けしていきますので、最後までしっかりとご覧下さい。

関連記事:『あひるの空』最新刊50巻発売日いつ?表紙&値段の詳細も


スポンサーリンク



漫画『あひるの空』前回のあらすじをおさらい

女子バスケ部に期待の新人登場!

新しいマネージャーが増えた、男子バスケ部。

一方、女子バスケ部のほうにも、新しいメンバーが増えたようですよ。

「うまっ!なにあの子!?」

監督が連れてきた謎の1年生に、女子部員は目を丸くします。

「すごーい。本当に初心者さん?」

キャプテンである玲は、新人に駆け寄ります。

「どうだ。使えそうだろ」

監督も鼻高々です。

あくまでも新人なので、ディフェンスはほとんどできません。

が、センスはあります。

足も速いようです。

「新人戦には間に合わせるさ」、と意気込む監督。

こうやって少しずつ、チームは変わっていくんですね。

 

玲はキャプテン失格?

頼もしい仲間が増えた女子バスケ部ですが、一つ課題がありました。

キャプテンの玲です。

練習態度は真面目なのですが、皆を引っ張っていく力が弱いみたいです。

団体スポーツはどうしても、キャプテンのリーダーシップがないと成り立たない所があります。

そのためには玲が自分から動き出す必要があるのですが…、難しそうですね。

「4番、代えた方がいいと思いますよ」

監督は元キャプテンにそう忠告され、玲をキャプテンとして成長させるための作戦を考案します。

監督は玲を職員室に呼び出し、

「練習メニュー、今日はおまえが考えろ。アップからお前が指示して進めろ」と言いました。

当然、玲は戸惑います。

「監督が酷い」と副キャプテンである小野に泣きつきました。

そんな玲に小野は、「いつもみたいにやればいいじゃない?」と落ち着かせます。

「みんなで考えてもいいんでしょ? マキ達とも相談してみよう」

玲はこの言葉でようやく、自分が一人ではないことに気づきました。

同級生たちに支えてもらいながら、女子バスケ部を回していきます。

前のキャプテンとはずいぶん違いますが、これもまた一つの統率方法ですよね。

 

五月先生がバスケ部の顧問を辞める?

そして、バスケ部顧問である五月先生にもまた、変化があったようです。

実は五月先生、生徒から『書道部』を作りたいという相談を受けていたのです。

五月先生は以前、バスケ部が駄目になっていくのを、ただ見ているだけの顧問でした。

だから今度は、生徒たちを手助けしてやれるような顧問になりたい、と語ります。

もちろん、総体も近いので、今すぐにという話ではありません。

ですが、バスケ部の顧問を辞めて、書道部を受け持ちたいという意思は固いようです。

監督もまた、生徒たちの見事な作品を見て納得しました。

「では、夏の間はこのままということで」

監督はそう言って、バスケ部顧問を辞める件を了承します。


スポンサーリンク



漫画『あひるの空』最新589話 ネタバレ・考察

百春の悔しさ

インターハイ準々決勝で、足に怪我を負った百春。

妙院戦での記憶にうなされて、目を覚まします。

まる2日間安静にしていましたが、そのくらいで快方するような怪我ではありません。

兄弟である千秋の自転車に乗せてもらう形で、登校します。

「なあ、妙院戦のことだけど」

道中、百春はためらいながら千秋に言います。

「最後のフリースロー、空がもし一本でも外してたら終わりだったよな」

あのとき百春は、もう一歩も走れないところまで来ていました。

ですが、向こうはまだ余力がありました。

なにせ試合後、歩けない百春に「手を貸そう」とまで申し出てくれたのですから…。

たしかに準々決勝を制したのは、百春たちクズ高です。

が、個人の力量では何一つ勝てていない…。

百春には、それが悔しくてたまりませんでした。

 

強豪校のあり方

「そもそも、強豪とウチではチームのあり方が違うのかもしれんな」

千秋はあの試合の後、自分たちの監督と妙院高校の監督が話しているのを聞いてしまいました。

妙院高の監督は、準々決勝で力を出し切ったクズ高を責めていました。

――チームのピークをどこに持って行くか。それは監督の裁量で決まるわけだが、あんたそれを途中で投げただろう。

妙院高の監督は、そう言ってクズ高の監督を見つめました。

クズ高の監督は黙ったままです。

――チームは時間をかけて強くするもんや。最低でも4年かな。せいぜいあの子らに、青春を謳歌させたれや。

妙院高の監督はそれだけ忠告して去っていきました。

 

未来より今

無理してでも勝ったクズ高と、選手を酷使しなかった妙院高。

どちらが正しいのか、千秋には分かりません。

仮に、監督が妙院高のようなスタンスだったら、どうなっていたでしょうか?

茂吉とトビ、そして百春は、途中交代。

ボロ負けは必至だったでしょう。

その代わり、百春の足がここまで酷くなることもありませんでした。

究極の選択です。

「俺は監督に感謝してるぜ」

百春はぽつりとそう言います。

千秋もまた、同じことを思っているようです。

「さすが双子だな」

と、笑います。

いつだって、今この瞬間を全力で生きていたいのです。

関連記事:『あひるの空』最新590話ネタバレ・感想!真琴の苦悩とは?!

漫画『あひるの空』ネタバレ・感想一覧はこちら

 

589話の感想

妙院戦から、たった2日しか経っていなかったんですね。

はるか昔のように感じていたので驚きました。

『あひるの空』が、いかに丁寧に描かれているのか分かります。

そして、妙院高の監督のお言葉。

グサッと胸に刺さりました。

やっぱり、そうすべきでしたよね。

正論すぎて辛いです…。

ただ、感情が邪魔をします。

死に物狂いで頑張っている3年生に、諦めろなんて言えませんよ…。


スポンサーリンク



漫画『あひるの空』最新589話は面白い?読者の感想・評判は?

 

漫画『あひるの空』最新刊を今すぐ無料で読むには?

あひるの空 ネタバレ 最新 584

皆さん、漫画好きに欠かせないと言われている電子書籍サービス『U-NEXT』はご存知ですか???

漫画・書籍に収まらず、映画・ドラマでも話題の公式サイトになります。

なんで今回このU-NEXTをオススメするかというと、、、現在、31日間無料キャンペーンというとてもお得なキャンペーンを実施しているという訳です!!!

私も実際に、無料トライアル期間という事で登録してみました!

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

また、読める漫画の種類も不自由はしないと思いますよ!

何よりこの31日間無料キャンペーンを絶対逃さない方が良いですよ。

また、本ページの情報はH30年3月時点のものなので、最新の配信状況はU-NEXTサイトにて確認してみて下さいね。

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会に是非是非利用してみて下さいね。

>>U-NEXTのお申し込みはこちら<<

 

まとめ

2018年7月18日発売の週刊少年マガジン掲載漫画『あひるの空』最新589話のネタバレ・感想をご紹介してきましたが、いかがでした?

今回は、怪我をした百春の心境が描かれていましたね。

百春は自分を交代させなかった監督の優しさに、心から感謝していました。

一方で、まだまだ未熟な自分を悔しく思っています。

次回では、大栄戦に百春が出場できるのかが明かされるのかもしれませんね。

それでは最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

※FODのYahoo! JAPAN IDを利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。
スポンサーリンク