【はじめの一歩】最新話1232話ネタバレ・感想!宮田が防衛失敗?!

はじめの一歩 ネタバレ 1232
Pocket

本記事は、2018年8月8日発売の週刊少年マガジン掲載漫画『はじめの一歩』最新話1232話のネタバレ・感想をご紹介していきます。

前回1231話では、宮田が不調になった理由が明らかになりましたね。

どうやら宮田は、一歩が引退したことで張り合いを失くしてしまったようです。

観客が静まり返るほど劣勢に立たされて尚、本来の力が発揮できません。

1232話では、この状況をどうやって覆すのでしょうか? 気になりますね。

それでは早速、2018年8月8日発売の週刊少年マガジン掲載漫画『はじめの一歩』最新話1232話のネタバレ・感想をお届けしていきますので、最後までしっかりとご覧下さい。

関連記事:はじめの一歩最新刊121巻発売日は?最新刊をスマホで読める裏技も


スポンサーリンク



漫画『はじめの一歩』前回のあらすじをおさらい

防衛戦の後半

宮田、8度目の防衛戦。

初めこそリードしていた宮田ですが、どこで潮目が変わったのでしょうか?

重苦しい展開の後半戦が続きます。

「おいおい、最初の勢いはどうした?」

「押されっぱなしだよ」

会場はザワつきます。

一歩もまた、同じ気持ちでした。

「何があったんだ、宮田君」、と冷や汗を流します。

 

劣勢を強いられる宮田

「返す拳に力がない」

相手選手は、チャンスとばかりに拳を打ち込みました。

それは宮田の拳を叩き落とし、見事、ボディに入ります。

宮田は何とか応戦していますが、ギリギリセーフといったところです。

9ラウンド終了の鐘が鳴る頃には、フラフラになっていました。

これは王座移動もあるかもしれないな…。

素人目にもそう感じてしまうほど、悪い流れです。

一歩はここまでの試合を観て、確信めいたものを感じました。

「間違いない、不調の原因は――」

 

宮田はプロ失格?

「見ちゃいられませんね。プロ失格だ」

いつの間にか、一歩の隣には今井が立っていました。

一歩は驚きながらも、「そんなことはない」と反論します。

宮田は頑張っているし、まだ勝負はついていません。

たしかに、今は少しばかり観客を落胆させてしまっているようです。

が、宮田だってそれには気づいているはずです。

何とかしたいけれど、できない原因がある。

プロだって人間なのですから、仕方がありません。

これが、一歩の言い分です。

しかし、小橋は「そんな言い訳をしたら、なおさらプロ失格だ」と言います。

観客には、選手の都合なんて関係ないのです。

金を払って、試合を楽しみに来ています。

プロはいつだって、黙々と務めを果たさなければならないのです。

 

不調の原因

宮田が不調の原因。

小橋はそれを、『幕之内一歩が引退したから』と断言しました。

宮田はこれまで、適正階級ではないフェザー級で、王者であり続けることに拘ってきました。

厳しい減量にも耐え、父親と共に二人三脚で戦い続けています。

そしてそれらの努力は全て、一歩と戦いたいが故でした。

なのに今、リングのどこを捜しても一歩はいません。

ため息をつくようなジャブ。

そこには、かつての電光石火のようなキレは、まったくといっていいほど感じられませんでした。

「まったく、退屈だぜ」

宮田はボディにまともに拳を食らい、マウスピースを吐き出します。


スポンサーリンク



漫画『はじめの一歩』最新話1232話 ネタバレ・考察

宮田の思い

8度目の防衛戦。

圧勝すると思われていた宮田ですが、スランプに陥っているようです。

ボディにまともに拳を食らい、よろけます。

宮田が不調な原因。

それは、一歩の引退でした。

これまで宮田は、いつか一歩と再戦できると信じて戦ってきました。

ですが、ついに道は絶たれてしまいました。

もう、決して一歩と戦える日は訪れません。

――幕ノ内を待つのは、もう終いにせえ

千堂の言葉が、脳裏をよぎります。

漫画大好き
宮田はここまで強く、一歩との試合を望んでいてくれたんですね。

光栄ですが、見ていて辛いです。

 

劣勢を強いられる宮田

相手選手は、宮田が倒れることすら許しませんでした。

カチ上げて、連打、連打、連打!

仕留めようと、たたみかけてきます。

宮田の口から、鮮血が飛びます。

マウスピースを吐いてしまったので、口の中が切れてしまったようです。

それでも、相手選手は手をゆるめません。

ガードを突破して、右の拳をねじ込みます。

ここまでされても尚、宮田は、一歩への思いを消せません。

一歩を待つのを辞めろ?

千堂は、一歩と戦えたから、そんなことが言えるのだ、と宮田は悪態をつきます。

もちろん、宮田だって手を合わせならしたことがあります。

ですが、それは一歩がボクシングを始めたばかりの頃でしたし、何より、公式戦ではありませんでした。

一歩の拳は、あのころから光るものがありました。

あれを鍛え上げたら、プロボクサーになったら、どうなっていたのでしょう?

やりたい。

そのために今日まで頑張ってきたのに…。

誰より熱望していた自分だけが、プロボクサーの幕之内一歩を知らない。

こんなことがあっていいのだろうか。

漫画大好き
本当に負けそうです。

一歩はこれを見ても、なにも思わないのでしょうか…。

 

お前、ちゃんとしろよ

宮田はロープの反動を利用して、再び相手選手のふところへ飛び込もうとします。

が、カウンターで、ボディブローを決められてしまいました。

カハッと口から血が飛び散ります。

それでも、宮田は倒れません。

「お前…、ちゃんとしろよ」

虚ろな目で、そう呟きます。

漫画大好き
ちゃんとしろよ、とは自分に言ったのでしょうか?

相手選手は、健闘していますからね。

関連記事:【はじめの一歩】最新話1233話ネタバレ・感想!宮田の防衛戦の勝敗結果は?!

漫画『はじめの一歩』ネタバレ・感想一覧はこちら

 

1232話の感想

熱いですね。

これぞ少年漫画という感じです。

一歩はこの光景を目の当たりにして、なにも思わないのでしょうか?

「復帰します」って言ってほしいですね。

でも、今まで何度も、そうやって期待しては、当てが外れてきました。

しばらくは、セコンドの話が続く気がします。

もちろん、セコンドも面白いんですけど。

やっぱり、現役復帰を期待してしまいます。


スポンサーリンク



漫画『はじめの一歩』最新話1232話は面白い?読者の感想・評判は?

 

漫画『はじめの一歩』最新刊を今すぐ読める方法は?

はじめの一歩 ネタバレ 最新 1223

漫画『はじめの一歩』最新刊を発売後に今すぐ読めるTSUTAYA DISCASをご紹介していきます。

TSUTAYA DISCASは動画配信サービスと宅配サービスを同時に受けれるサービスになります。

宅配サービスとは、ネットで注文すると自宅へ届けてくれます。

返却はポストに投函すればOKです。

TSUTAYAディスカスのメリットは下記になります。

  • TSUTAYAのDVD/CD宅配レンタル・動画配信サービスが使い放題
  • スマホで予約→郵便受けに届く→ポストに返却もOK♪
  • 入会金・送料・延滞金¥0!
  • 新作先行配信も多数
  • DVDレンタルが不要になる
  • スマホ・PC・ゲーム機・テレビ見放題
  • ダウンロード再生できる(スマホなどでいつでも視聴できる)
  • 家族みんなで使い放題
  • 画質が最高レベル
  • 無料お試し期間が最長

忘れてはいけないのが、現在30日間無料トライアルを実施しています。

私も無料期間中に登録して、30日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

漫画を読む以外にも、ドラマ・海外ドラマ、雑誌やアニメなど全部見放題でしたので是非ご利用下さい。

ただ、30日間の無料トライアル期間がいつ終わってしまうのかは私にもわからないので、この機会に無料登録することをおすすめします。

>>公式HPはこちら<< 

まとめ

2018年8月8日発売の週刊少年マガジン掲載漫画『はじめの一歩』最新話1232話のネタバレ・感想をご紹介してきましたが、いかがでした?

今回は、宮田の胸の内が明らかになりました。

宮田は防衛戦で窮地に追いやられても尚、一歩への思いを捨てきれません。

相手選手の攻撃をまともに食らい、吐血します。

次回では、「お前ちゃんとしろよ」と呟いた宮田の本気が見られるといいですね。

それでは最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

※FODのYahoo! JAPAN IDを利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。
スポンサーリンク