【はじめの一歩】最新話1233話ネタバレ・感想!宮田の防衛戦の勝敗結果は?!

Pocket

本記事は、2018年8月29日発売の週刊少年マガジン掲載漫画『はじめの一歩』最新話1233話のネタバレ・感想をご紹介していきます。

前回1232話では、宮田の胸の内が明らかになりました。

宮田は防衛戦で窮地に追いやられても尚、一歩への思いを捨てきれません。

相手選手の攻撃をまともに食らい、吐血します。

1233話では、それでもチャンピオンであり続ける宮田が見られるのでしょうか? 気になりますね!

それでは早速、2018年8月29日発売の週刊少年マガジン掲載漫画『はじめの一歩』最新話1233話のネタバレ・感想をお届けしていきますので、最後までしっかりとご覧下さい。

関連記事:はじめの一歩最新刊121巻発売日は?最新刊をスマホで読める裏技も


スポンサーリンク



漫画『はじめの一歩』前回の内容をおさらい

宮田が不調な理由

宮田は、8度目の防衛戦に臨みます。

圧勝に決まってる。

誰もがそう思っていた試合ですが、宮田はまさかの苦戦を強いられます。

どうやら、一歩の引退が、宮田のモチベーションを大きく下げてしまったようです。

ボディにまともに拳を食らった宮田。

たまらず、よろけます。

――幕ノ内を待つのは、もう終いにせえ

千堂の言葉が、脳裏をよぎります。

「うるさい」

宮田は吐き捨てるように言います。

これまでチャンピオンの座を死守してきたのは、一歩と戦うためでした。

それなのに、道は絶たれてしまいました。

もう、一歩と戦える日は永遠に訪れません。

 

宮田が負ける?

カチ上げて、連打、連打、連打!

対戦相手は、ここで仕留めようと、たたみかけてきます。

倒れそうになる宮田。

しかし、相手選手はそれすら許しません。

宮田のガードを突破して、右の拳をねじ込んできます。

ここまで追い込まれても、宮田の中から、一歩は消えてくれません。

一歩を待つのを辞めろなんて、一歩と戦えたから言える言葉です。

たしかに、宮田も手合わせをしたことはあります。

ですが、あの時の一歩はボクシングを習い始めたばかりでした。

なにより、あれは公式戦ではありません。

一歩の拳には、ボクシングを習い始めた当初から光るものがありました。

あれを鍛え上げたら、どんなボクサーになるのでしょう?

やりたい。

いつか絶対に、戦いたい。

そのためだけに、今日まで厳しすぎる減量に耐え、体を鍛えぬいて来ました。

それなのに…、ここまでしたのに…、

自分だけが、『プロボクサーの幕之内一歩』を知りません。

 

お前…、ちゃんとしろよ

宮田はロープの反動を利用して、対戦相手のふところへ踏み込みます。

しかし、カウンターです。

強烈なボディブローが、宮田の腹に入ります。

それでも、宮田は倒れません。

「お前…、ちゃんとしろよ」

そう対戦相手を睨みつけます。


スポンサーリンク



漫画『はじめの一歩』最新話1233話 ネタバレ・考察

鉄の腹

宮田の腹は、過剰に鍛えられています。

一歩と戦うその日のために、鍛錬を重ねてきたのです。

「ちゃんとしろよ」

宮田は、ボディに拳を入れる相手選手を睨みつけます。

こんなパンチでは俺を仕留められない。

この腹は貫けない。

宮田はここで反撃に出ます。

あまりの猛攻に、相手選手は防戦一方です。

「まだ力が残っているのか!?」

「底力だ」

「行け行け」

観客は沸き立ちます。

宮田の足は、もうふらふらでした。

一歩が引退した今、気力もありません。

それでも宮田の身体は、勝手に反応してしまいます。

どこへ行けばいいのだろう?

宮田は相手選手に猛攻しながら、考えます。

最大の目標を失った今、何を頑張ればいいのだろう?

いつまで、続ければいいのだろう?

漫画大好き
これだけボディを受けても立っていられる…。

その理由は、一歩を思って腹を鍛え続けてきたからだったんですね。

 

勝敗の行方

カン、カン、カン、カン。

試合終了の鐘の音が鳴り響きました。

「勝者、宮田一郎!」

判定の結果、高らかに宣言されたチャンピオンの名。

「ヒヤヒヤしたなあ」

「最初にダウンとっていなかったら、危なかったよ」

観客は口々にそう言いながら、宮田に拍手を送ります。

一歩もまた、「よしっ」、と拳を握りました。

「ドキドキしたけど、見事防衛成功だ」

心底ほっとする一歩。

しかし、隣に立つ今井は不服そうです。

「あんな宮田さんと戦っても、意味がない」

今井は、いつか当たるであろう宮田の偵察のために来ていました。

しかし、あんな一歩の亡霊を追いかけているような宮田とやっても面白くありません。

「幕ノ内さんは、何をしに来たんですか? 応援ですか?」

もしかすると、一歩が現役復帰する気なのではないか。

そんな期待を込めて、問います。

しかし、一歩の頭はセコンドのことで頭がいっぱいです。

楽しそうに、このあいだスカウトした青年について話す一歩に、今井は苛立ちを露わにします。

「減量に喘ぎ、電池切れを起こす雷神。その理由とこだわりが分かるから、不憫です。そして、あなを見ていると、気の毒な思いがさらに募ります。貴方のせいで目標を失った男は何人もいる。少しは責任を感じるべきです」

今井は自分もまたその一人だと言い、その場を去ります。

一歩は、返す言葉もなく、宮田を見つめます。

――どうすればいい?

漫画大好き
考えぬいた末の引退でした。

一歩の選択は間違っていたのでしょうか?

 

さまよう宮田

試合後、夜道を一人帰る宮田。

なんでもない顔をしていますが、かなりダメージを受けているようです。

唐突に、電柱に身を預けるようにして座り込みます。

宮田のそんな様子を、黒いノラ猫がじっと見つめています。

「お前もさまよっているのか?」

宮田はノラ猫に問いかけます。

ノラ猫は答えません。

ただ、じっと宮田を見ているだけです。

いつまで、さまよう?

宮田は自分に問いかけます。

もう少し、もう少しだけ。

心の整理ができるまで、納得のいくところまで…。

「面倒くさい性分だぜ」

宮田はノラ猫を拾って、再び夜道を歩きだすのでした。

漫画大好き
もう少しだけ、というのは等級の話でしょうか?

いつまで現役でやるか、という意味でないことを祈っています。

関連記事:【はじめの一歩】最新話1234話ネタバレ・感想!久美が本音を語る?!

漫画『はじめの一歩』ネタバレ・感想一覧はこちら

 

1233話の感想

一歩が現役復帰するなら、宮田と再戦するためだろうな、と思っていました。

もし、ここで心変わりしなければ、一歩の現役復帰はないのかもしれませんね。

セコンドやスカウトの話も面白いんですけど、やはり、宮田と公式戦で戦って欲しいです。

現役復帰してくれることを祈っています。


スポンサーリンク



漫画『はじめの一歩』最新話1233話は面白い?読者の感想・評判は?

 

漫画『はじめの一歩』最新刊を今すぐ読める方法は?

はじめの一歩 ネタバレ 1233

漫画『はじめの一歩』最新刊を発売後に今すぐ読めるTSUTAYA DISCASをご紹介していきます。

TSUTAYA DISCASは動画配信サービスと宅配サービスを同時に受けれるサービスになります。

宅配サービスとは、ネットで注文すると自宅へ届けてくれます。

返却はポストに投函すればOKです。

TSUTAYAディスカスのメリットは下記になります。

  • TSUTAYAのDVD/CD宅配レンタル・動画配信サービスが使い放題
  • スマホで予約→郵便受けに届く→ポストに返却もOK♪
  • 入会金・送料・延滞金¥0!
  • 新作先行配信も多数
  • DVDレンタルが不要になる
  • スマホ・PC・ゲーム機・テレビ見放題
  • ダウンロード再生できる(スマホなどでいつでも視聴できる)
  • 家族みんなで使い放題
  • 画質が最高レベル
  • 無料お試し期間が最長

忘れてはいけないのが、現在30日間無料トライアルを実施しています。

私も無料期間中に登録して、30日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

漫画を読む以外にも、ドラマ・海外ドラマ、雑誌やアニメなど全部見放題でしたので是非ご利用下さい。

ただ、30日間の無料トライアル期間がいつ終わってしまうのかは私にもわからないので、この機会に無料登録することをおすすめします。

>>公式HPはこちら<< 

まとめ

2018年8月29日発売の週刊少年マガジン掲載漫画『はじめの一歩』最新話1233話のネタバレ・感想をご紹介してきましたが、いかがでした?

今回は宮田が8度目の防衛に成功しました。

今井は、今の宮田と戦っても意味がないと言って、引退した一歩への怒りをあらわにします。

次回では、今の宮田の姿を見て、一歩が何を思うかが鍵を握りそうです。

現役復帰してくれるといいですね!

それでは最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

※FODのYahoo! JAPAN IDを利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。
スポンサーリンク