トモダチゲーム最新60話ネタバレ・感想!友一の仕掛けた罠とは?!

トモダチゲーム ネタバレ・感想 最新60話
Pocket

本記事は、2018年10月9日発売の別冊少年マガジン掲載漫画『トモダチゲーム』最新60話のネタバレ・感想をご紹介していきます。

神代の圧勝と思われた展開に暗運が立ち込めたのは、最後の選択をゆとりに委ねてしまったことだった。

友一は、ゆとりの裏切りに気付きそれを利用した。

そして、神代を支配しマインドコントロールすることに成功したのだ。

しかし、なぜ気付いたのかそしてどう利用したのかはまだあかされてはいないままということもあり、その種明かしがとても気になるところです。

それでは早速、2018年10月9日発売の別冊少年マガジン掲載漫画『トモダチゲーム』最新60話のネタバレ・感想をお届けしていきますので、最後までしっかりとご覧下さい。

関連記事:トモダチゲーム最新刊12巻発売日は?最新刊をスマホで読める方法も


スポンサーリンク



漫画『トモダチゲーム』前回のあらすじのおさらい

 

5億の大勝負

5億円を賭けた友一との勝負が今まさに始まろうとしていました。

神代は、ゆとりの表情の変化にも気付いておらず、ただ困っていました。

そんな神代を煽るように友一はけしかけます。

今回の勝負に負ければ5億円やプライドを失うだけではなく、教祖としての立場そのものを失うことになる。

その言葉にビクつく神代に対し、真次もまた攻めるような目線を向けていた。

かつての神代は売れないマジシャンだった。

そして、教祖という立場を手にするまでは相当な苦労をしてきたからこそ、この勝負には負けられないと意気込みを新たにしたのであった。

 

ゆとりの裏切り行為

じっとカードを見つめたところで、何が見えるわけでもありません。

しかしその時、神代はトランプに僅かな傷がついてることに気付きました。

そして、ゆとりの表情を見遣り、ゆったりと確信に迫るような微笑みを浮かべた。

すると、ゆとりは神代と決めた合図の通りに唇をきゅっと噛み締めた。

そのことで神代はゆとりがまだ自分の味方であることを確信し、JOKERの行方をゆとりの判断に委ねた。

ゆとりが唇を噛み締めるのは、傷があるカードに触れた時だけ。

モニター室で見守る東條と志法もまた、ゆとりの表情を神代が気にしていることに気付いていた。

だからこそ、この勝負は神代の勝ちだと東條は言う。

カードを引こうとする神代に向かい、最後に友一はその手を掴みながら「本当にそっちのカードで良いのか?」と問う。

神代はその強引な遮り方から、友一がJOKERの在り処を分かっていると気付く。

そこで神代は、希望を持たせたように見せながらゆとりが示したカードを引き抜いた。

だが、そのカードはまさかのJOKER。

何度見直してみても、手元にあるのはJOKERのカードに変わりなかった。

ゆとりに掴みかかった神代は、最後の勝負でなぜ”嘘の芝居”をしたのかとゆとりを攻め立てた。

だが、裏切っていないとゆとりは涙ながらに、今回も協力したと答えるのだった。

 

負ける神代

その様子を鼻で笑い「元手品師野郎」と、神代の過去を暴くような発言をする友一。

神の目なんてものがなくても友一には神代の心が取ってわかっていた。

友一は神代に、まずは前を認めるように求めた。

JOKERを引いただけでなく、先程ゆとりに詰め寄った際に、ゆとりが神代のイカサマに協力していたことを打ち明けたからだ。

この時点で敗北を認めなければ5億円ではなく、神代は「イカサマ禁止」のルールを破った10億円の負債がかけられる。

神代は借金の取り立てのように迫ってくる友一に、観念したように素直に敗北を認めた。

  • 神代チーム所持金:3億5900万円→ー1億4100万円
  • 友一チーム所持金:1000万円→5億1000万円
  • 友一が神代に施したのは「マインドコントロール」でした。

今回の”ババ抜き”では、最初から神代に都合のいい展開だった。

都合の良い展開に合わせて、ゆとりもまた神代の勝利に100%貢献していた。

ゆとりは神代の信頼を得ていたからこそ、最後の判断を神代はゆとりに委ねた。

友一はゆとりを信じていると言いながらも、彼女を利用した。

そして、神代をマインドコントロールすることに成功したのだった・・・。

サイト管理人
ゆとりの裏切りに気付き利用した友一。

なぜ、ゆとりの裏切りに気付いたのか、そして神代をどうやってマインドコーンとロールしたのか、種明かしが楽しみな展開ですね!


スポンサーリンク



漫画『トモダチゲーム』最新60話 ネタバレ・考察

 

友一の仕掛けた罠

まず友一はギャンブル運もなく資金力も劣り、精神的にも脆い風に装った。

そう全ては、神代の自尊心(プライド)を増長させるための行動。

弱い相手に劣勢に立たされた時に、”負ける訳にはいかない”という感情が必要以上に沸いてくるという神代の性格を見抜いての行動だ。

プライドの高い人間はプライドが高すぎて負けたことのリスクを考えてしまうもの。

なので、ミスを仲間にも相談することもできず、大勝負の決断を自分で行うこともできないものなのだ。

だからこそ神代が、最後に他人のゆとりを頼るところを狙ったのであった

マインドコントロールにかかりやすい人間は、「ゆとりのような、すぐ他人に頼ってしまう気の弱い人間」と「プライド高い人間」の2種類。

友一はその心をくすぐるためにわざとJOKERに傷をつけて何度も引き続けたのだ。

そして、、さらには神代との一騎打ちになるように仕向けることに成功した。

もちろんその際にも、運勝負と思わせておきながら海堂を仲間に引き入れていたのだった。

そして神代にJOKERを持たせたのも、最初から友一が仕組んだことなのであった。

友一は一番下にあったJOKERを”ヒンズーシャッフル”により一番下のカードを動かないように混ぜたのだ。

そして神代を最初にしてカードを配り始めたことで、53枚目にあるJOKERは神代の手元に渡るように仕向けた。

友一は、ゆとりを騙すのに神代が使った手口であるカード透視の手品を真似したのであった。

ちなみに友一チームからでていた使途不明金(3,000万円)は、手品を行っているシーンがばっちり映っている監視カメラを買ったものであった。

 

神代の完敗

神代は自分の完敗を認めて、友一に対し「さすが欺波友一だ」と呟いた。

ゆとりを道具として利用し、罪悪感なく物事をやってのける点は”欺波大善”の子供だからだと指摘する。

神代は負け犬の遠吠えよろしく、ゆとりを傷つけながらも大金が手に入れられてよかったなと友一に揺さぶりをかけてくる。

しかし友一は、ずっとゆとりを信じていたことを打ち明けたのだった。

なぜなら、ゆとりは優しくて気が弱く、神代のような下衆のクズに支配される側の人間そのものだから。

ゆとりのことを止められるものなら止めたかったが、気付いた時には神代のマインドコントロールの術中に嵌ってしまっていたのだ。

だからこそこの勝負に、ゆとりを利用する他なかったのであった。

 

危険な男

友一はゆとりの目を覚めさせるような一言を投げかけます。

神代はどこにでもいるただの”スケベじじい”で、神ではないのだと。

ゆとりの優しい心につけ入る悪いやつが世の中にはたくさんいるということを。

そして友一は、ゆとりに少しずつでもいいから強くなってほしいと語りかけます。

ゆとりの優しさは周りの人間を傷つけてしまうからと・・・。

「そうッスか、あれは言葉の綾だったら仕方ない…」

「訳ねぇだろ!クソじじい、なぁ神代…別に謝らなくていいからな、いやむしろ謝らないでくれ」

「だってお前が謝ったら俺はこの怒りを友達の手前一応は収めないといけないからさ」

「頼むよ。俺はお前を許したくないんだ。怒りに任せてこの手で」

「お前ご自慢の”神の眼”を今 この場でグリグリとエグり出したいんだ。だから…お願いだから絶対に謝らないでくれよ!!」

友一の勢いに負けを認め、神代は無様に泣きながら土下座をし謝罪を始める。

その光景を見た東條は、”危険な男だ”と友一のことを評するのだった。

大金は手に入れたものの、友一にはまだ大勝負が残っている。

その相手は、駆け引きや罠が通用しない野生の獣のような奴。

それは海堂のことを”パパ”と呼ぶ、スーツ姿の少女のことであった・・・。

サイト管理人
まずは、神代を撃破することができて本当によかった!

ゆとりのことを思えばこそ、神代を許すことの出来ない友一の気持。

東條は、”危険な男”と評しましたが、個人的には優しいと思ってしまいました。

関連記事:トモダチゲーム最新61話ネタバレ・感想!友一と聡音の一騎打ち?!

漫画『トモダチゲーム』ネタバレ・感想一覧はこちら

 

60話の感想

長かった神代編も終わりということで、友一が神代を撃破することができて本当によかった。

そして、おめでとう!

なんやかんやで、神代に謝罪をさせた友一ですが、ゆとりを救えなかったという優しい気持ちがあったからこその行動なのかな?と感じてしまいましたが・・・違うのだろうか(笑)

そして次は、いよいよ海堂チームと対戦となります。

海堂チームと対戦ということは、そろそろ仲間を呼び戻したりとかするのでしょうか?

個人的には、紫宮あたりにも出てきて欲しいところですが、どうなるのか楽しみですね!


スポンサーリンク



漫画『トモダチゲーム』最新60話は面白い?最近の読者の感想は?

 

漫画『トモダチゲーム』最新刊を今すぐ無料で読むには?

トモダチゲーム ネタバレ 59

皆さん、漫画好きに欠かせないと言われている電子書籍サービス『U-NEXT』はご存知ですか???

漫画・書籍に収まらず、映画・ドラマでも話題の公式サイトになります。

なんで今回このU-NEXTをオススメするかというと、、、現在、31日間無料キャンペーンというとてもお得なキャンペーンを実施しているという訳です!!!

私も実際に、無料トライアル期間という事で登録してみました!

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

また、読める漫画の種類も不自由はしないと思いますよ!

何よりこの31日間無料キャンペーンを絶対逃さない方が良いですよ。

電子書籍に抵抗がある方もこのキャンペーンで是非とも利用してみて下さいね!

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会に是非是非利用してみて下さいね。

>>U-NEXTのお申し込みはこちら<<

 

まとめ

2018年10月9日発売の別冊少年マガジン掲載漫画『トモダチゲーム』最新60話のネタバレ・感想をご紹介してきましたが、いかがでした?

ゆとりを利用するかたちで神代を撃破することに成功した友一。

しかし、次に待ち受けるのは海堂チーム。

海堂のことを”パパ”と呼ぶ、スーツ姿の少女とどんな戦いを繰り広げるのか今から楽しみなところです。

また、海堂チームとのたたかいにあたり仲間を呼び戻したりするのかというところにも注目ですね!

※FODのYahoo! JAPAN IDを利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。
スポンサーリンク