ゴールデンカムイ最新176話ネタバレ・考察!関谷の命運が尽きる?!

ゴールデンカムイ 176話
Pocket

本記事では、2018年10月18日発売のヤングジャンプ掲載漫画『ゴールデンカムイ』最新176話のネタバレ・考察をご紹介していきます。

前回175話では、湖面の穴から顔を出したままの牛山を助け出し、その上着から蚕の繭が落ちたことから土方の居場所を理解した門倉とキラウシ。

関谷の顔に小刀を突きつけて土方のいる場所へと案内させます。

そこでもまた関谷言うところの『試練』により、毒を飲まされてしまう門倉。

数時間苦しむのはまっぴら、とさらに服毒するも、偶然にも命拾いします。

いっぽう、まだ取引に使えそうだと土方を掘り起こしたところで反撃にあう関谷。

ここで彼の命運は尽きてしまいます。

最新話の176話では、無事に一行の元に帰ってきた土方。

牛山や門倉、キラウシ、そして永倉とともにまた刺青人皮の問題に立ち向かうことになりそうです。

それでは早速、2018年10月18日発売のヤングジャンプ掲載漫画『ゴールデンカムイ』最新176話のネタバレ・考察を最後までしっかりとご覧ください!

関連記事:ゴールデンカムイ最新刊15巻発売日いつ?表紙画像もご紹介

漫画大好き
「謎は深まった!!」解けたの間違いでは・・・?

名探偵〇〇みたいです!


スポンサーリンク



漫画『ゴールデンカムイ』前回のあらすじのおさらい

 

関谷の居場所

門倉は、氷の湖面に空いた穴から顔を出した牛山を助け出し、どこにいたのかと尋ねます。

牛山は記憶を半ば失っているのか、気づいたら頭を出してた、あの女郎は関谷に買収されて精力剤だと言い、自分に何かを飲ませたのか、と理解していました。

門倉は牛山が脱いだ上着から繭が零れ落ちるのを発見し、摘まみ上げました。

同じ繭が土方の目撃された現場にもあったことを思い出し、牛山の背広から出てきたことと繋がって門倉は一つの結論に達しました。

「謎は深まった!!」

裸の上に着ているコートのみをはためかせ、ポーズを決める。

キラウシは、蚕の繭だろ、と冷静にツッコミを入れ、牛山が捕まっていた場所で偶然服に入っただけ、そして冬は蚕業のシーズンではないため、蚕業を営む建物には誰もいないことがあると続けます。

「点と点がひとつの線に結ばれた!!」

と門倉が叫びます。

門倉は、時間がないから手分けして関谷を捕まえる、と飛び出していきました。

そして、スコップを片手に建物から出てきた関谷の顔に小刀を突きつけ、もう一方の手で壁に押し付けるようにして捕まえます。

「土方さんはこの中だな? いますぐ案内しろッ」

捕まった関谷は全く慌てる様子もなく、無表情で門倉を見つめています。

「よくここがわかったな 門倉看守部長どの」

「名探偵門倉を舐めんじゃねえ」

凄む門倉を気にする様子もなく、こっちだ、と関谷は建物の中に門倉を招き入れます。

 

どちらが生き残るか?!

関谷の説明によると、この建物は「蚕種製造所」といって、蚕の品種改良及び、大量生産した卵を養蚕農家に販売するための施設だということ。

関谷はこの建物で行われる各工程を説明し、部屋数は隣の家屋と合わせて10個以上あると前置きしつつ、種繭雌雄鑑別機のレバーをくるくると弄ぶように回しています。

「そのどこかに土方歳三は埋まっている 門倉看守部長どの あんたに試練を与えよう」

種繭雌雄鑑別機の繭を置く部分全てに繭を置き、その中には毒入りと無毒の丸薬をそれぞれ対角線上に置きます。

門倉が選んだ丸薬の対角線上にある繭の丸薬を関谷も飲むことで、どちらかが毒を飲めば片方は無毒の丸薬を飲むことになります。

関谷は自分が毒を飲めば土方を埋めた場所を教えるし、逆に門倉が毒を飲んでも生き残った関谷が土方を助ける、勝負を持ちかけます。

「ヒジカタさんはッ どこにいるんだぁ!!」

と、門倉は正座している関谷の腿に勢いよく小刀を突き刺しますが、関谷は動じません。

「経験上 棺の空気はもう残ってはいない もってあと30分…」

「あんたの行く道が正しければ運命は俺なんかじゃなくてあんたを生かすはずだ」

刺青にも金塊にも興味があるわけではなく、それに群がる俺たちが狙いだったのか、と門倉は呟きます。

関谷の行動原理は、『試練』と関谷が呼んでいる命をかけた運試しであること。

(たとえこの中の一個だけが毒だったとしても俺は引く自信がある!!)

(そうだとしても俺の命と引き換えに土方さんが生きるのなら…)

門倉はゆっくりと回ってきた繭の中から、一つの繭を手に取ると中の丸薬を取り出して口に入れます。

続いて関谷も、門倉の選択した対角線上にある繭の丸薬を飲むと繭をぎゅっと掌に握り込むのでした。

 

関谷の過去と土方

「ある日曜日の朝だった…」

と、関谷は静かに話し始めます。

関谷はその日、幼い娘と家に帰るところでした。

しかしその途中で突然爆発が起こり、目が覚めた時には、傍に頭と足の先が弾け倒れている娘の姿があったのです。

関谷は、それが雷によるものだったと理解し、

「どうして娘が選ばれたのか… どうして俺じゃなかったのか」

「『運』とは神の意志なのか… 俺のような人間を生き残らせるということは神など存在しないのではないか?」

関谷の話を聞いていた門倉の顔は真っ青になって、顔中から脂汗が流れています。

「10分で効き出したということはトリカブトだな」

門倉は苦しそうに言葉を振り絞り、

「約束は…守れよ…土方さんを…」

いますぐ掘り起こす、関谷はと立ち上がります。

死ぬまでどのくらいかかるかという門倉に関谷は、数時間は苦しむ、とスコップを片手に土方の元へ向かいます。

門倉はうつ伏せに倒れると、種繭雌雄鑑別機に無造作に手をかけ床に繭を落とし、落ちた繭から丸薬を二個取り出して飲み込みました。

(土方さん 申し訳ないです お供できるのはここまでです)

関谷は埋めた土方の棺を掘り出していました。

「土方歳三はまだ使えるな フグ毒が効いてるうちに移動させよう」

「次はあのアイヌか牛山にもう一度試練を与えるか」

そう考えた次の瞬間、棺の蓋を勢いよく持ちげて現れた土方が左手で関谷の喉を鷲掴みにします。

フグ毒はトリカブトの毒と同時に摂取すると毒の効果が拮抗して作用を抑制し合うため、『試練』でフグ毒を飲んだ土方は、薄れる意識の中でフグ毒の致死量を下回る量のトリカブトを意図的に飲んでいたのです。

そして門倉も同じように、死を早めようと飲んだ二つの丸薬が実は、トリカブトの効果を打ち消す量のフグ毒だったのです。

関谷を捕まえた土方は、傍らにあった包丁を掴み上げて関谷の首に近い左肩から、関谷の左耳を切断しながら深々と切り込みます。

「あれ・・・なんかおさまったみたい」

死んだと思った門倉でしたが、何ともないといった表情でその場に座っていました。

 

前回の感想

『名探偵門倉』=コナンくん?かと思いましたね〜 笑

点と線がつながり、土方の居場所が分かりました!

しかし、関谷はやはり門倉に『試練』を与えました。

引きが強い門倉は毒を飲んでしまったわけですが、やはり最後には、強力な悪運の持ち主という設定を活かしたオチが待っていました。

土方が意図的に毒を相殺したのに対し、門倉は偶然により命拾いしました。

良くも悪くも引きが強い門倉。

今後もこの調子で生き残りそうですね。


スポンサーリンク



漫画『ゴールデンカムイ』最新176話 ネタバレ・考察

 

哀しすぎる関谷の精神世界

関谷にとっては、土方や門倉に対して『試練』を与えることだけが目的で、刺青人皮には最初から興味がなかったようです。

しかし、落雷で娘を亡くす、という本当に稀にしか起こらないような事故。

彼がいうように、『運命』はどうして娘を選んだのか・・・。

そう考えると、狂ったように『運』を試してみたくなる気持ちは分からなくもないですね。

前回、「神様っているのかね」と言っていましたし、神の存在を確かめるべく生きている、と言ってもいいでしょう。

娘を亡くした時に彼は一度死んでしまったのかもしれません。

 

命運の尽きた関谷

門倉との勝負のあと土方を掘り起こしに向かう関谷は、門倉に約束した通り土方を解放するのではなく、使えるので移動しようとしていました。

今度は土方を餌にして、キラウシか牛山に『試練』を与えようとしていたんですね。

牛山には女郎を使ってい一度『試練』を与えていたんでは?

しつこくどちらかか死ぬまで続ける気だったのでしょうか?

しかし、移動しようと掘り起こした土方に、とうとう反撃されてしまいました。

相手の『運』を試し続け、それによって自分の『運』も尽きてしまった、というわけですね。

こんな人生は哀しすぎます。

 

土方の勝負強さ

172話では、土方が倒れた際に、繭は二つ転がっていましたね。

これは土方が毒を相殺した、ということを示唆してたんですね。。

関谷は8つある繭の中に、フグ毒、ヒ素、トリカブト、ストリキニーネの4つを入れて土方に勝負をもちかけました。

土方はすぐにその中からフグ毒とトリカブトの丸薬を見分け、毒の効果を打ち消すために両方を飲んだということでしょうか。

「この時代を生き抜くには運だけでは事足りん」の言葉にもあるように、若い頃に薬売りをやった経験が、土方の運の一つと言えるのかもしれませんね。

運は経験には勝てない、ということなんですね。

土方の勝負強さを感じさせる回となりました。

次の展開でもその勝負強さが見られることでしょう。

関連記事:ゴールデンカムイ最新177話ネタバレ・考察!キロランケの本音とは?!

漫画『ゴールデンカムイ』ネタバレ・感想一覧はこちら

漫画大好き
「この時代を生き抜くには運だけでは事足りん」

運とは何かを探求していた関谷に対する深イイ言葉ですね!


スポンサーリンク



漫画『ゴールデンカムイ』最新176話が気になる!読者の感想・評判は?

 

漫画『ゴールデンカムイ』最新刊を今すぐスマホで読める方法をご紹介!

ゴールデンカムイ  174話

皆さん、漫画好きに欠かせないと言われている電子書籍サービス『U-NEXT』はご存知ですか???

漫画・書籍に収まらず、映画・ドラマでも話題の公式サイトになります。

なんで今回このU-NEXTをオススメするかというと、、、現在、31日間無料キャンペーンというとてもお得なキャンペーンを実施しているという訳です!!!

私も実際に、無料トライアル期間という事で登録してみました!

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

また、読める漫画の種類も不自由はしないと思いますよ!

宇宙を大探検!漫画『宇宙兄弟』が読めたり、

ゴールデンカムイ 最新刊 14巻 発売日

もちろん皆さんが読みたい漫画『ゴールデンカムイ』も読めますよ!

ゴールデンカムイ ネタバレ 最新 161

何よりこの31日間無料キャンペーンを絶対逃さない方が良いですよ。

また、本ページの情報はH30年10月時点のものなので、最新の配信状況はU-NEXTサイトにて確認してみて下さいね。

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会に是非是非利用してみて下さいね。

>>U-NEXTのお申し込みはこちら<<

 

まとめ

2018年10月18日発売のヤングジャンプ掲載漫画『ゴールデンカムイ』最新176話のネタバレ・考察をご紹介してきましたが、みなさんいかがでしたか?

関谷と門倉、土方をめぐる運試しの試練も土方の反撃によって片がつきました。

ただの快楽殺人者か、と思いきや、悲しい過去を背負っていたことも判明し、ただ憎むには悲しい犯人でしたね。

そして土方を捜索しに行ったままの永倉は、今どこにいるのでしょうか?

176話からも目を離してはいけませんね!

それではみなさん、最後までご覧いただき、ありがとうございました!!

※FODのYahoo! JAPAN IDを利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。
スポンサーリンク