『あひるの空』最新606話ネタバレ・感想!空と鷹山が似ている?!

『あひるの空』最新606話ネタバレ・感想!
Pocket

本記事は、2018年12月5日発売の週刊少年マガジン掲載漫画『あひるの空』最新606話のネタバレ・感想をご紹介していきます。

前回605話では、白石静が強い理由が描かれていました。

静は、わずか10歳のころから、NBAの選手になるべく努力を重ねてきたようです。

自分の夢が叶うと確信していますし、人を見れば、将来成功するか否か分かるのだとか…。

そして、606話では、そんな静に大栄が一泡吹かせられるのかが気になりますね!

それでは早速、2018年12月5日発売の週刊少年マガジン掲載漫画『あひるの空』最新606話のネタバレ・感想をお届けしていきますので、最後までしっかりとご覧下さい。

関連記事:『あひるの空』最新刊50巻発売日いつ?表紙&値段の詳細も


スポンサーリンク



漫画『あひるの空』前回のあらすじをおさらい

大栄の猛攻は続く

クズ高と大栄のインターハイをかけた準々決勝。

まだ試合は始まったばかりです。

クズ高は、一年間、この日のために練習を積んできました。

が、まさかの良いところ無し。

大栄の猛攻に成すすべなく、点差は広がり続けています。

2 – 12

どうやって巻き返すのか、気になるところです。

が、先に白石静の回想が入ります。

 

白石静の小学生時代

白石の将来の夢は、NBAプレーヤーです。

小学生のころから、ずっと目標に掲げていました。

「ぼく、社長になるー♪」

なんてノリではありませんよ。

本気で、NBAの選手になれると信じていました。

そのために必要な、相応の練習もかかさず続けています。

すごいですよね。

わずか10歳の少年が、ばしっと自分が進む道を決めているのです。

しかもそのために何が必要かまで理解し、実行しています。

天才は幼いころから違うのかもしれません。

 

成功する者としない者の違い

そんな小学生でしたから、クラスメイトの能天気さが、やたらと勘に触りました。

「社長になりたい」

「漫画家になりたい」

大きなことを言うくせに、そのために何かするわけでもない。

ただ、遊んですごしている。

静にはそれが信じられませんでした。

「何もしていないのに、よく夢とか言えるな」

片思いしてくれている女子相手に、静は辛らつな言葉を吐き捨てます。

手厳しいですね。

ちなみに、静に泣かされたその女子は、悔しさをバネに夢を叶えて漫画家になりました。

 

クズ高が作戦変更

回想終了。

舞台は試合会場に戻ります。

ボールを受け取った静は、風のようにコートを駆け抜けます。

千秋はあっさりと抜かれ、百春も止めることができず、ボールはゴールへ…。

またもや、大栄に追加点が入ってしまいました。

クズ高の監督は唸ります。

さきほどから、大栄は超速攻攻撃を続けています。

なにか手を打たない限り、この勢いを止められないでしょう。

逆に、この勢いを止められたら、クズ高にも攻めるチャンスはあるかもしれません。

「七尾、タイムアウトとるぞ。こっちも出方を変える」

監督は、立ち上がりました。

はたして、どんな作戦なのでしょうか?


スポンサーリンク



漫画『あひるの空』最新606話 ネタバレ・考察

クズ高の作戦

クズ高 VS 大栄

2-15

鷹山のロングパスを起点にした、大栄の猛攻にクズ高はタジタジです。

良い所がないまま、点差ばかりが開いていきます。

見かねた監督は、タイムアウトを取ることにしました。

守ってばかりでは駄目です。

流れを変えたければ、大栄を失速させなければなりません。

「ディフェンスを変えるってことですか?」

マネージャーの七尾が問います。

「違う」

と、監督。

「点を取りに行く」

千秋は千秋で、空の嗅覚を利用することで状況を打破する気のようですよ。

はたして、どんな試合展開になるのでしょうか?

漫画大好き
ついに、クズ高の攻めが始まるみたいですよ。

楽しみですね!

 

千秋のミス

結局、今回もクズ高は、無得点でした。

千秋が何かしようとしていたんですけどね。

スティールされてしまって、パスすら回せなかったのです。

「バカ千秋!」

百春が思わず叫んでしまうのも、無理はありません。

救いは、大栄がゴールに失敗したことでした。

間一髪のところで千秋がボールに触れたのが、吉と出たのです。

ナイスディフェンス!

と、言いたいところですが、元々千秋のミスなので、何とも言えません。

リバウンドのチャンスをものにしたのは、茂吉でした。

これで、もう一度、クズ高ボールです。

漫画大好き
何もできないどころか、攻められてしまいました。

千秋、しっかりしてください!

 

空と鷹山は似ている

千秋は、ミスが続いていますね。

最初に1点入れた時には、感動したのですが、それ以降がサッパリです。

原因の一つに、鷹山の存在があります。

これまでは、コートのどこにいても、空の居場所を察知できていました。

なのに、この試合に限っては、それができないのです。

空と鷹山って、もしかして兄弟か?

千秋がそう思ってしまうほど、二人の気配が似ているのです。

おかげで、本来の力が発揮できません。

「なんてことだ。何かする余裕すら、与えてもらえんとは」

千秋は、汗をぬぐい、再び走り出します。

関連記事:『あひるの空』最新607話ネタバレ・感想!大栄の8秒攻撃の威力とは?!

漫画『あひるの空』ネタバレ・感想一覧はこちら

漫画大好き
空と鷹山は、似ているんですね。

鷹山の師匠が、空の母だからでしょうか?

 

606話の感想

千秋、つらいですね。

あっさり抜かれ、カットされ、スティールされ…。

大栄の手強さが、伝わってきます。

次の話こそ、カッコいい千秋が見られるといいですね。


スポンサーリンク



漫画『あひるの空』最新606話は面白い?読者の感想・評判は?

 

漫画『あひるの空』最新刊を今すぐ無料で読むには?

あひるの空 ネタバレ 604

皆さん、漫画好きに欠かせないと言われている電子書籍サービス『U-NEXT』はご存知ですか???

漫画・書籍に収まらず、映画・ドラマでも話題の公式サイトになります。

なんで今回このU-NEXTをオススメするかというと、、、現在、31日間無料キャンペーンというとてもお得なキャンペーンを実施しているという訳です!!!

私も実際に、無料トライアル期間という事で登録してみました!

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

また、読める漫画の種類も不自由はしないと思いますよ!

何よりこの31日間無料キャンペーンを絶対逃さない方が良いですよ。

また、本ページの情報はH30年12月時点のものなので、最新の配信状況はU-NEXTサイトにて確認してみて下さいね。

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会に是非是非利用してみて下さいね。

>>U-NEXTのお申し込みはこちら<<

 

まとめ

2018年12月5日発売の週刊少年マガジン掲載漫画『あひるの空』最新606話のネタバレ・感想をご紹介してきましたが、いかがでした?

今回は、千秋がミスをして、危うく大栄に追加点を許しそうになる話でした。

千秋はなにかやりたいことがあるようですが、大栄はなかなかそれを許してくれません。

次回こそ、千秋がなにをしたいのか、分かるのでしょうか?

鷹山に惑わされずに本来の力が発揮できるかが鍵を握るのかもしれませんね。

それでは最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

※FODのYahoo! JAPAN IDを利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。
スポンサーリンク