暁のヨナ最新167話ネタバレ・感想!ハクの守りたい物とは?

暁のヨナ 最新167話 ネタバレ・感想
Pocket

本記事では、2018年12月5日発売の花とゆめ掲載漫画『暁のヨナ』最新167話のネタバレ・感想をご紹介していきます。

前回、ケイシュク参謀はハクの使い道をなにやら企んでいるようでしたが、ハクはハクでアルギラとヴォルドが助っ人として現れたもののこの戦いに不安を感じているようでした。

だからこそ火の部族達をみて、怪我をしても守りたいものがあると闘う彼らと思いを同じく、兵士達に剣の訓練をつけていました。

一方のヨナは、クエルボに利用すると宣言されさらには戎帝国全土を支配するためにヨナも四龍の力も全て手にするのだと野望を語られたのであった。

そこで今回は、2018年12月5日発売の花とゆめ掲載漫画『暁のヨナ』最新167話のネタバレ・感想をお届けしていきます。

関連記事:暁のヨナ最新刊28巻発売日&表紙画像もご紹介


スポンサーリンク



漫画『暁のヨナ』前回のあらすじのおさらい

これからの戦いにあたり国境へと向かうのは、高華国兵とハク達の姿だった。

そこへアルギラが飛び蹴りで登場し、不意の再会にハク達が驚いていると、そこへヴォルドも現れ再び驚く一同。

オギを訪ねてきた彼らは、荻を狙った黒い男達はゴビ神官の手のものであると睨んでいた。

そして、ヨナ達が連れ去られたのもその男達だろうとハクは告げた。

そこでヴォルドとアルギラは、一緒に戦ってくれることとなったのだった。

いよいよ出発という時。

「白蛇、シンア、お前らは戦に出るな。」と言い出したハク。

敵の狙いは四龍、これ以上仲間を奪われるの嫌だと寂しそうに言い残し、ひとり先に歩き出したのであった。

ジュド将軍の部隊も到着し、ジッと見つめ考えるハク。

(前に千州の軍。後ろにケイシュクとジュド率いる空の部隊か、アルギラ達が来てくれて助かった。だがどう戦う…?)

周りの火の部族の兵士の中には、怪我人達も混ざっていた。

(脚が折れても、腕が千切れても、守りたいものがある。)

ハクは自分と思いは代わらない兵士達に、剣を用意させ稽古を付けたい奴はいるかと声をかけた。

するとハクの周りに「ハク元将軍が戦術を伝授してくれてるんだと」と、兵士達が集まりだした。

そんな訓練風景を、遠くから羨ましそうに見る空の部族とケイシュク参謀。

「ケイシュクさん、風の部族の雷獣をご存知ですか?」

「百年・・・いや、千年に1人の武人になるんじゃないかな」

「彼を手に入れることは叶わないけれど」

以前スウォンに言われたことをケイシュク参謀は思い出していた。

一方クルエボはヨナを連れて来た先には、千州の領主ハザラがいた。

クエルボと違いハザラは憔悴した様子で、ヨナの姿に気付くとクエルボにキツイ視線を送った。

「攫って来たのか・・・?もうよせ、スウォンにどのような報復を受けるか」

「またそれかよ。スウォンなんぜ18の小僧だぜ。」

ハザラの忠告に気にも止めていない様子のクエルボ。

「程なく四龍全員が手に入る。あの能力があれば高華国や戎帝国全土を支配する日も近いぞ」

「戎帝国全土だと・・・」

クエルボは、ヨナの身体を引き寄せると語りだします。

「四龍はスウォンのものじゃない。この女に仕えている」

「この女をオレのものにして、オレは全てを手に入れる」と語ったのであった。

サイト管理人
戎帝国全土を支配し、ヨナも四龍も全てを手に入れるという野望を語ったクエルボ。

戦いがいよいよ始まってしまうわけですが、ハクは無事にヨナを助けることができるのでしょうか?

そして、ェハ達もこの戦いに駆り出されてしまうだけに、無事に終わることを祈るばかりですね。


スポンサーリンク



漫画『暁のヨナ』最新167話 ネタバレ・考察

 

ヨナを狙うクエルボ

戦の前夜、トゥーリ族の民たちは宴を開き、士気を高めている様子を、城の上からヨナとクルエボが見つめていた。

クルエボは目の前の万人を超える兵隊に目を細めていた。

「・・・あなたはどうして四龍がほしいの?ついてきてくれる民とこんなに立派な拠点があるのに」

夜長そう問いかけると、クルエボは遠くを見つめるような目になった。

「象徴だ・・・以前トゥーリ族にも戦女神と呼ばれた女がいた。オレの姉だ」

その姉は民に愛され戦女神として崇められていたと言い、そして姉が率いたトゥーリ族は無敵だったというのだ。

しかし、戎帝国に嫁いだ姉は事故死をしてしまったという。

おそらくは戎帝国の者に殺されたものと思われるが、そんな姉を失った父は抜け殻になってしまった。

それでも、クエルボは自分という王が生きていることを民と世界に知らしめることを決意したのであるという。

そのためには、四龍の力が必要であると自分の野望を語りながら、チラリとヨナへと目をやった。

「だがそれ以上にオレはあんたに興味がある。似てるんだよあんたと戦女神と呼ばれた姉が」

そう言うとヨナの頬へ手をやるクエルボ。

「ああでも、稲妻の獣って誰だ?」

ジェハから、ヨナに手を出せば稲妻の獣が喉笛を食いちぎると言われたことを話すクルエボ。

しかし、ヨナはそのことについて詳しく語ろうとはなかった。

「・・・容易に服従するやつじゃなさそうだ。なら殺るしかない」

ヨナの態度から察したクエルボは、それ以上追求することを諦めたのだが・・・

「ハクは、誰にも殺せないわ」と、ヨナはきっぱりとそう答えたのだった。

 

ヨナのジェハ達への言伝

翌日になりクエルボは、ジェアとゼノ、人質とユンを連れてきました。

そして、ヨナの前に女性を呼び出したのです。

「オレのいない間、あんたの世話は嫁のユーランがする。」

「えっ」

その言葉でクエルボが妻帯者であったことを知り驚きます。

そして、クエルボが四龍を引き連れていこうとしている時だった。

ヨナがスッと是派のクビに腕を回して囁いたのです。

「ジェハ・・・気をつけて」

ヨナは同じようにゼノとユンにも抱きしめて、3人を送り出しました。

馬車に乗せられ、戦に連れて行かれてしまう3人。

「ヨナ・・・隙があったら逃げてって言ってた。緑龍にも娘さん何か言ってたろ」

先ほど、ヨナは耳元で何かを伝えていたようだったのですが、ジェハはゼノの問いには答えずにヨナから言われたことについて考え込んでいました。

「クエルボとハザラは一枚岩ではないわ。ハザラハザラの兵は戦に消極的よ」

 

ハクの抱えきれないほどの守りたいも

その頃、火の部族を引き連れて戦へと向かっているハク達。

火の部族の兵士達はみなハクを頼りにしている様子で、その後ろを見つからないようにコソコソとキジャとシンアが付いて行っていた。

「良いかシンア、ハクに見つかってはならぬぞ。あいつは意外と思いつめると極端な行動に出るからな」

「きっと1人で何もかも背負おうとしておるのだ。あやつが無茶をせぬよう見張らねば」

しばらく行軍していくと、ついに千州の軍勢の姿がありました。

周りの兵士達を見渡すと、みな震えている様子です。

兵士たちはみなハクを頼りにはしているものの、ハクは自分が軍を率いた経験が少ないということを痛感していました。

(怖いな いつの間にか抱えきれないほどの守りたいものが出来た)

ハクは自分の気持ちを奮い立たせるように槍をかかげると、スッと兵士達へ振り向き声をかけました。

「・・・オレは火の部族の民じゃねえし、かつてあんたらと戦ったこともある。」

「だかあんあたらが部族を守りたい想いは、何よりも理解できるし」

「荒れ果てていた火の地が、手をかけてようやく蘇ろうとしているのも知っている」

みなの前で、再びハクが槍をかかげます。

「オレは、この刃に誓う。あいつらを絶対オレラの国に入れさせねぇってな!!」

「お」

「おおおおおおおおお」

ハクの激で、兵士達の士気が一気に高まっていきます。

そして法螺貝が鳴り響き、全軍が前進していったのであった…。

関連記事:暁のヨナ最新168話ネタバレ・感想!ハクが大怪我を負う?!

漫画『暁のヨナ』ネタバレ・感想一覧はこちら

サイト管理人
戦いに駆り出されてしまうジェハ達を思い、隙があったら逃げろというヨナ。

そして、ヨナと仲間を思い守るために戦いへと向かうハク。

離れていても思いは1つ、だからこそ早くこの2人の再会を願ってしまいますね。

 

167話の感想

様々なことを背負いながらも気持ちを改めるハクの背中。

そして、遠く離れた宮殿で皆の無事を祈るヨナ。

このままふたりを引き裂くなんてことはないと思いますが、早く再会して欲しいと願ってしまいます。

ヨナと離れてしまうことが、ハクは一番精神的にこたえてしまいますからね。

また、ヨナだけではなく大切な仲間までも狙われ、自分を慕ってくれている軍隊を率いる重圧感。

大切なものを守るための戦いなだけに、皆の無事を祈るばかりですね。


スポンサーリンク



漫画『暁のヨナ』最新167話は面白い?最近の読者の感想は?

 

漫画『暁のヨナ』最新刊を今すぐ読めるお得情報をご紹介!

暁のヨナ ネタバレ 166

漫画村が閉鎖してしまい、漫画が無料で読める代名詞がなくなってしまいましたね。

しかし、もう違法アップロードサイトは違法性ならびにPCウイルスなどの危険性もあるので、控えた方がいいですよ!

そんな今回、漫画『暁のヨナ』最新刊27巻を今すぐ読める方法としてご紹介させて頂くおススメな方法は、ずばり!!!

漫画好きに欠かせないと言われている電子書籍サービスフジテレビのオンデマンド「FOD」になります!

FODプレミアムは月額888円(税抜)の見放題サービスとなります!

1日28.7円というコストパフォーマンスが非常に良いですね!

漫画だけではなく、過去にフジテレビが制作したドラマや、バラエティ番組はもちろんのこと、アニメや映画など、数多くの対象作品が見放題となるサービスですね!

そのFODが現在、31日間無料キャンペーンという、お得なキャンペーンを実施していて、これが絶賛お勧めな最大な理由です。

31日間無料キャンペーンというわけで、無料期間の長さは最長となっております。

私も無料トライアル期間という事で登録してみました!

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

何よりこの31日間無料キャンペーンを絶対逃さない方が良いですよ。

FODからのお客様還元キャンペーンみたいなものですから。

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会に是非是非利用してみて下さいね。

※無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!

>>FOD公式HPはこちら<<

 

まとめ

今回は、2018年12月5日発売の花とゆめ掲載漫画『暁のヨナ』最新167話のネタバレ・感想をお届けしてきましたがいかがでしたか?

ヨナを戦女神と呼ばれた姉に似ていると言い、興味があるのだというクエルボ。

しかも稲妻の獣が白という名であることを知ってしまっただけに、これは波乱の予感がしてしまいますよね。

またジェハ達もこの戦いに借り出されてしまうだけにヨナとしては気が気ではないですよね。

だからこそ隙を見て逃げて欲しいというヨナの言葉にジェハ達は、どんな答えを導き足すのでしょうか。

一方のハクも、ヨナや四龍の仲間だけでなく同じ思いを抱き戦いに向かう兵士達を守りたい助けたいと思っているようですね。

いよいよ次回は開戦となりそうですが、どんな戦いになるのか気になるところですね。

※FODのYahoo! JAPAN IDを利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。
スポンサーリンク