『あひるの空』最新611話ネタバレ・感想!大栄戦の第1クォーター終了!

『あひるの空』最新611話ネタバレ・感想!
Pocket

本記事は、2019年1月23日発売の週刊少年マガジン掲載漫画『あひるの空』最新611話のネタバレ・感想をご紹介していきます。

前回610話では、大栄側が選手交代をしましたね。

クズ高を勢いづかせないために起用されたのは、不破豹です。

この結果、クズ高は、わずかな希望の光すら潰されてしまいます。

はたして、611話では、新たな攻撃の糸口を見つけられるのでしょうか?

それでは早速、2019年1月23日発売の週刊少年マガジン掲載漫画『あひるの空』最新611話のネタバレ・感想をお届けしていきますので、最後までしっかりとご覧下さい。

関連記事:『あひるの空』最新刊50巻発売日いつ?表紙&値段の詳細も


スポンサーリンク



漫画『あひるの空』前回のあらすじをおさらい

勢いづきたいクズ高

4-21

大栄に大差をつけられる中、茂吉がやってくれました。

長距離からのフックシュート!

これもトビがアシストのおかげです。

久しぶりにシュートが入ったこともあって、会場は沸き立ちます。

たかだか20点、すぐに追いついてやる、とトビは意気込みます。

 

つまんねー選手になちまったな

大栄の監督は、トビのプレーをじっと見ていました。

つまんねー選手になっちまったな、期待外れだ、と言わんばかりの表情をします。

いったい、どういう意味なのでしょうか?

大栄の監督の真意については、作中に描かれていません。

が、もしかしたら、トビが茂吉のアシストをしたのが、気に入らなかったのかもしれませんね。

不破豹のように、ガ―ッとコート内を駆け抜けて、点を取ってほしかったのかもしれません。

だとしたら、トビは、ずいぶん高く評価されているのですね。

 

不破豹が登場

クズ高が得点を入れた直後。

大栄の監督が、選手の入れ替えをしました。

起用された不破豹です。

連続してクズ高に点数を取られたら、勢いづいてしまうかもしれませんからね。

点差的には十分ですが、第二セット以降のことも考えて、駄目押ししておこうと考えたのでしょう。

豹は、その監督の期待に、見事応えてみせました。

敵選手に囲まれた状態から、難なく抜け出して、ダブルクラッチ!

大栄にさらなる追加点をもたらしました。

コート外から見ていた真琴は、目を丸くします。

まるで、豹の周りだけ、時間の流れが違っているようでした。

あまりの早さに、周りの選手の動きがスローモーションのようにみえるのです。

 

バスケを楽しむ豹

豹の表情には、緊張感なんて皆無でした。

きっと、彼の頭にはインターハイなんて言葉はないのでしょう。

ただただ、目の前のバスケを楽しんでします。

もっとボールちょうだい!

子供のように舌なめずりをする、豹の姿は、完全に異質でした。

そのプレーを見ている間、まるで、世界がスローモーションになったようでした。

しかし、異質な選手なら、クズ高にも1人います。

トビです。

この点差、この圧倒的なすご技を前にして、笑いました。

この『絶望』を、楽しんでいるのですね。

豹を止められる選手がいるとしたら、トビだけなのかもしれません。


スポンサーリンク



漫画『あひるの空』最新611話 ネタバレ・考察

試合の流れ

クズ高 VS 大栄

インターハイをかけた準々決勝。

不破豹が参戦したことで、大栄はより勢いづきました。

あっという間に、もう1シュート入れられてしまいます。

大栄のプレッシャーに、クズ高はタジタジです。

20点差もあるのに、そんなにプレッシャーかける必要ありますか?

そんな恨み言をいいたくなるくらいの、隙の無さです。

結局、クズ高はなにもできないまま、第1クォーターを終えてしまいました。

点数は、4-25。

21点ビハインドです。

それでは、もう少し詳しく見ていきましょう。

 

不破豹の強さ

不破豹は、スピード重視の選手です。

本人自身も、このスピードこそが正義と豪語しています。

それは、おごりでもなんでもありません。

実際、高校バスケという空たちの舞台において、それは無敵の強さを誇りました。

圧倒的な『個』の力で、軽々とシュートを決めていきます。

しかも、本人のメンタルが滅茶苦茶強いんですよね。

インターハイをかけた大舞台だというのに、まったく緊張している様子がありません。

観客の視線が一心に注がれる中、心からバスケを楽しんでいます。

というか、注目してほしいのかもしれませんね。

彼が髪をオレンジに染めるのは、コートで一番目立つためらしいので。

漫画大好き
一人だけ、『倍速』の世界にいるみたいです。

こんなの、どうやって止めたらいいのでしょう?

 

白石静がスティール

不破に連続シュートに、観客たちはざわめきます。

第1クォーター終わります。

あまりの点差に、クズ高に同情する声すら上がりはじめました。

それでも尚、大栄は攻撃を緩めてはくれません。

がんがんプレッシャーをかけて、クズ高選手を追いつめます。

千秋は、歯を食いしばりました。

20点以上の差をつけておいて、そこまでプレッシャ-かけるか!?

そう言いたげな顔です。

その雑念がいけなかったのでしょうか?

千秋は白石静にスティールされてしまいます。

千秋は俺ばっか集中して、ズルイと言います。

静もアホかとツッコミを入れます。

ここままでは、静にもう一点入れられてしまう!

と思ったら、フェイントです。

静は、後ろにいる上木鷹山へボールを回しました。

漫画大好き
スティールされた時の千秋の反応が、一々面白いです。

笑っている場合じゃないんですけどね。

 

上木鷹山のスリーポイントシュート

静からボールをもらった鷹山。

すぐさま、シュートの体勢に入ります。

そして、第1ピリオドのホイッスルが鳴るのとほぼ同時に、ボールを放しました。

ボールは、美しい弧を描き、見事ゴールリングをくぐります。

これで、4-28か!?

と、思いきや、これは時間前でした。

ノーカウントです。

第1クォーターは、4-25で終了となります。

関連記事:『あひるの空』最新612話ネタバレ・感想!監督のアドバイス内容は?!

漫画『あひるの空』ネタバレ・感想一覧はこちら

漫画大好き
クズ高は、勢いを止めることもできず、打開策を見出すこともできず…。

やられっぱなしでしたね。

完敗です。

 

611話の感想

第1クォーター、落としてしまいました。

落とすと言っても、落としようがありますよね。

ひたすらやられただけで、攻略法もなにも、見つけ出せませんでした。

この容赦ない感じが、『あひるの空』らしいですね。

序盤の、まったく勝てなかった時代を思い出してしまいます。


スポンサーリンク



漫画『あひるの空』最新611話は面白い?読者の感想・評判は?

 

漫画『あひるの空』最新刊を今すぐ無料で読むには?

あひるの空 ネタバレ 604

皆さん、漫画好きに欠かせないと言われている電子書籍サービス『U-NEXT』はご存知ですか???

漫画・書籍に収まらず、映画・ドラマでも話題の公式サイトになります。

なんで今回このU-NEXTをオススメするかというと、、、現在、31日間無料キャンペーンというとてもお得なキャンペーンを実施しているという訳です!!!

私も実際に、無料トライアル期間という事で登録してみました!

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

また、読める漫画の種類も不自由はしないと思いますよ!

何よりこの31日間無料キャンペーンを絶対逃さない方が良いですよ。

また、本ページの情報はH31年1月時点のものなので、最新の配信状況はU-NEXTサイトにて確認してみて下さいね。

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会に是非是非利用してみて下さいね。

>>U-NEXTのお申し込みはこちら<<

 

まとめ

2019年1月23日発売の週刊少年マガジン掲載漫画『あひるの空』最新611話のネタバレ・感想をご紹介してきましたが、いかがでした?

今回は、第1クォーターが終了しましたね。

クズ高は、最後まで良い所をみせられませんでした。

大栄に押されたまま、20点以上の大差をつけられてしまいます。

次回では、これを受けて、監督がどんなアドバイスをするのかが鍵を握るのかもしれませんね。

※FODのYahoo! JAPAN IDを利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。
スポンサーリンク