『新ルパン三世』漫画最終回の結末ネタバレ感想!その後の展開が気になる!

Pocket

今回は、最終回のその後が気になる漫画『新ルパン三世』最終回の結末ネタバレ・あらすじを感想などを交えてお伝えしていきます。

今なお新しいTVシリーズが定期的に放送されるなど、1967年の連載開始から今なお絶大な支持を集めるルパン三世。

その、ルパン三世の2作目の漫画となる新ルパン三世のエンディングがとんでもなく衝撃的な展開を迎えることをご存じでしょうか?

伝説として語り継がれるほどに衝撃的な展開を迎え、その後が気になる漫画『新ルパン三世』最終回の結末ネタバレ・あらすじを感想などを交えてお届けしていきます。


スポンサーリンク



漫画『ルパン三世』最終回の結末ネタバレ・感想

タイムマシン何に使う?

タイムマシンが隠されていると言われる鬼ヶ島へとやってきたルパン一味。タイムマシンを手に入れたらどうするのか、ルパン一味はそれぞれ思いを馳せます。

ルパンは自分の誕生日を知るべく過去へ。

五右衛門は自分の親に産まないでくれと言いに過去へ。

次元はノーコメント。

不二子は金のために未来へ。

 

閉じ込められた一味

洞窟の奥へ奥へと進んでいくルパン一行。しかし、五右衛門や次元はその異変に気が付いていました。

勿論、ルパンも気付いたようです。

始めからタイムマシンはありませんでした。

ルパンは「俺たちは死刑囚さ!!」と言います。

タイムマシンの代わりにあったのは、莫大な量の爆弾でした。そして、何者かに出口を塞がれルパン一味は袋の鼠。

 

ルパン一味全滅!!

桃の話は大嘘。ルパンたちを罠にかけて殺すための罠でした。

そして、罠にかけたのは変装していた銭形。

しかし、銭形は言います。

「奴ははじめから罠であることをしっていたのかもしれない。罠と知っていても飛び込んでくるのがルパンというやつなのだ」

かくして爆弾は爆発し、一味は島ごと吹き飛んで全滅。

ルパン一味死す!!

 

最終回の感想

この最終話はあまりにも衝撃的だったので、テレビで紹介され知っている人もそれなりにいると思います。

今だったら、お祭りになるほどの衝撃的なバッドエンド。何をどう考えたら原作者はこんな展開にするのか?

それには理由があって、一言でいえば「あきちゃった」そうです。

作者のモンキー・パンチ先生はルパン以外も描きたかったのに、ルパンがあまりにも人気が出てしまいルパンに作家人生を縛られたのが嫌で嫌で仕方なかったようです。

だから、ルパンもろとも爆発させて殺っちまったという話です。そもそも、モンキーパンチという名前自体がテキトーに決められ、人気が出たから改名できなくなったなんて話もあります。

この衝撃のラストにはそんな裏があったんですね。


スポンサーリンク



漫画『新ルパン三世』のその後の展開・ネタバレ

ルパン三世ITARIANO

衝撃的なラストを迎えた新ルパン三世以外にも、作画担当を変えて様々なルパン三世の漫画が世に出ています。

ごく最近発売されたルパン三世シリーズの漫画は、早川ナオヤ作画のルパン三世ITARIANOですね。

これはテレビの第4シリーズのコミカライズで、内容もアニメに準拠しています。

舞台はイタリア、サンマリノ共和国。ルパンが謎の美女と結婚することから物語は始まります。

 

レベッカ・ロッセリーニ

ルパンと謎の美女の結婚式に銭形が乗り込んできます。

ルパンと結婚したのはイタリアの最大手ホテルチェーンを経営するロッセリーニ財閥の若木会長であり、モデル、デザイナー、女優、作家などの職業を転々とし有名スポーツ選手や政治家との浮名も絶えないゴシップクイーン「レベッカ・ロッセリーニ」という女性でした。

なれそめはルパンの一目惚れ。そこからとんとん拍子に結婚。

しかし、それは銭形や不二子が疑うようにとんだ茶番でした……まぁレベッカが絶世の美女だったのでルパンはちょっと本気だったかもしれませんが。

ルパンには目的がありました。ルパンとレベッカは自前の別荘で優雅にワインを嗜んでいましたが、その翌日にルパンが行動を開始します。

 

離婚届忘れてた

ルパンの目的はサンマリノの国宝リベルタスの王冠でした。その保管場所を知るのは「9つの城」と呼ばれるこの国の各領土の長のみ。

そしてその王冠が唯一日の目を浴びるのが、結婚式翌日の旅立ちの儀式のときだけだったのです。

当日になり、ルパンは王冠を狙いますが銭形の活躍?により王冠は元の場所に戻ります。そして何かあってはいけないとレベッカの側近であるパトリックが、王冠の保管を申し出ます。

しかし、そのパトリックは王冠をしめしめと言った表情で持ち出します。そこに現れたのがルパンでした。

実はパトリックは偽物であり、本物のパトリックは気絶させられていました。パトリックに化けていたのはなんとレベッカ。

彼女は別に王冠を求めていたわけではありませんでした。彼女は常にスリルを求め行動していたのです。

結局、ルパンは王冠を奪えずレベッカにしてやられました。しかし、その直後ルパンは重要なことに気が付きます。

レベッカとの結婚は偽装であり、離婚届を書いてもらわなければならなかったのです。

 

続編の感想

このルパン三世ITARIANOはアニメのコミカライズで、アニメ自体は2015年に放送された内容です。

ただ、これまた非常に面白いアニメでした。オープニングを片目で見ると3Dに見える技法を使っており、ド迫力のオープニングでした。

新キャラクターのレベッカもこれまたイイキャラクターで、2018年に放送された第5シリーズにも登場します。

カリオストロの城に代表される過去のシリーズも勿論名作揃いですが、定期的に放送されるルパンシリーズも面白いのばかりで、今後の放送が非常に楽しみです。

やっぱりルパン三世は今なお愛される不朽の名作ですね。


スポンサーリンク



漫画『新ルパン三世』最終回に関するSNSの感想・評判は?

 

漫画『新ルパン三世』最新刊を今すぐ無料で読むには?

新ルパン三世 最終回 ネタバレ

皆さん、漫画好きに欠かせないと言われている電子書籍サービス『U-NEXT』はご存知ですか???

漫画・書籍に収まらず、映画・ドラマでも話題の公式サイトになります。

なんで今回このU-NEXTをオススメするかというと、、、現在、31日間無料キャンペーンというとてもお得なキャンペーンを実施しているという訳です!!!

私も実際に、無料トライアル期間という事で登録してみました!

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

また、読める漫画の種類も不自由はしないと思いますよ!

何よりこの31日間無料キャンペーンを絶対逃さない方が良いですよ。

また、本ページの情報はH31年4月時点のものなので、最新の配信状況はU-NEXTサイトにて確認してみて下さいね。

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会に是非是非利用してみて下さいね。

>>U-NEXTのお申し込みはこちら<<

 

まとめ

今回は、漫画『新ルパン三世』最終回のネタバレとその後の展開についてラストまで読んだ感想と共にお届けしてきましたが如何だったでしょうか?

今では国民的な作品となり、多くの世代の人たちの思い出に残るルパン三世。

そのルパン三世の漫画のラストはルパンは銭形の罠にかかり爆殺されるという衝撃的な展開でした。

こう見ると、現在のルパンとは登場人物の多少イメージが違うかもしれません。

最近のシリーズでは銭形警部が有能な人物として描かれますが、基本的なイメージはルパンにしてやられる役回りです。

そんな銭形警部が罠を張って、ルパン一味を爆殺するというのは今では想像がつかないです。

昔のルパンにはそういった今のイメージとは違う、そんな魅力もあるので機会があれば読んでみてください!

※FODのYahoo! JAPAN IDを利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。
スポンサーリンク